B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 京都府京都市出身。上京後、大手CM制作会社に勤務し、数多くのCMを制作。2011年に独立するも、同年に起きた東日本大震災の影響を受け、厳しい状況に陥る。その後、周囲に支えられ仕事を増やし、2014年に(同)KIDSとして改組。ある企業の経営者と出会ったことを機に、世界初の3Dホログラムを投影するスクリーン「OFY Screen」と映像を提案する(株)Only For Youを新たにスタートさせた。【ホームページ
 
 
 
ステージの前面に投影した映像と、奥にいるパフォーマーの動きを融合させる3Dホログラム。この技術を使った画期的なスクリーン「OFY Screen(OFYスクリーン)」を開発・販売するのが、株式会社Only For You(オンリーフォーユー)だ。ディレクターも兼ねるCEOの藤原一秀氏は、人気アイドルユニットの全国ツアーで演出を手がけるなど注目の存在。映像世界の可能性を大きく広げるOFY Screenの魅力について、たっぷりとうかがった。
 
 
 

人と映像を極限まで融合させる3Dホログラム

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川村ゆきえ(タレント)
川村 世界初の3Dホログラム事業を展開するOnly For Youさん。合同会社KIDS(キッズ)の藤原社長には以前、テレビCMやミュージックビデオを制作する方としてご登場いただきました。今回お話をうかがうOnly For Youさんの手がける3Dホログラムというのは、どのようなものなのでしょうか。
 
藤原 弊社が提供する3Dホログラム「OFY Screen」は、プロジェクターで映像を投影すると物体が立体的に浮き上がり、3D映像として映し出すことができる特殊なスクリーンです。最大の特長は90°方式で、透過性が高いため、スクリーンの奥にいる人と手前の映像を、極限まで融合させられる点にあります。
 
川村 つまり舞台などで使う場合、客席寄りにスクリーンを置いて3Dホログラムを映す。すると、奥にいるミュージシャンやパフォーマーが映像と融合し、立体的に飛び出すような演出が可能になるんですね。
 
藤原 おっしゃる通りです。実は、これまでにも3Dホログラムは開発されていたのですが、それらのほとんどはステージの前方にミラーを敷き、さらにスクリーンも45°の角度で設置する必要がありました。これではステージの面積が小さくなり、制作にかかる費用や時間も大変に膨らんでしまうんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事