B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 大阪市中央区出身。幼い頃からスポーツが好きで、4歳から始めた水泳は現在でも続けており、マスターズの大会などに出場。柔道整復師をはじめとする資格・認定を取得し、2009年につじの整骨院およびSPECを設立した。従来の施術範囲を越えることを心がけキャリアを築く。現在はピラティス、パーソナルトレーニング、ラジオ波で不妊の体質改善、マタニティ整体、産後骨盤調整、酵素ファスティングなどを手がけている。【ホームページ
 
 
 
「姿勢改善」をキーワードに、つじの整骨院、またピラティスやパーソナルトレーニングを専門に手がけるSPECを運営する辻野将弘代表は、利用者に合わせた無理のないトレーニングを行っている。さらに、同施設ではオリンピックの選手村で採用された最新マシンを使用したパーソナルトレーニングやピラティス、ゴルフフィットネスを体験できるのだ。最近では産前・産後専門の整体に取り組み、酵素ファスティングも手がけている。独自の技術と最新機器を組み合わせたトレーニング法に迫った。
 
 
 

安産に導くマタニティ整体・不妊の体質改善

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン つじの整骨院とSPECを運営し、自らもパーソナルトレーナーである辻野代表。いい体をされていますね。何かスポーツをされているんですか?
 
辻野(将) 幼稚園から水泳に打ち込んでいて、今でもマスターズの大会に出場し続けています。ゴルフも好きで、NESTA認定ゴルフコンディショニングスペシャリスト、JGFO認定ゴルフフィットネストレーナーの資格を持っていますよ。
 
タージン すごい! 他にも資格を取得されているのでしょうか。
 
辻野(将) 柔道整復師、PHIピラティスインストラクター、足爪補正士、またフィットネス系のトレーナー資格であるNASM-PESを持っています。最初は、普通の整骨院としてスタートしたものの、出産前後の妻の苦労を身近に感じて以来、マタニティ、産前・産後専門の施術に力を入れ始めました。
 
タージン 産後の体のケアはよく聞きますが、産前は珍しいですね。
 
辻野(将) 妊婦さんは、腰痛や骨盤の開き、便秘など様々な問題を抱えやすくなります。そのまま出産を迎えると体に大きな負担がかかるんです。マタニティ期にこれらの症状を改善し、安産へ導くことがマタニティ整体の目的。まず、しっかりとお話を聞いてカウンセリングをします。次に検査をしてママの体の状態をチェック。それからとてもソフトな施術で骨盤や腸の調整を行い、体を整えていきます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事