B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 Link Next(リンクネクスト)さんは、個人・法人向けに窓ガラスのフィルム施工を手がけておられるそうですね。
 
西村 はい。地震や台風といった災害時に役立つ窓ガラスの「飛散防止フィルム」や、窓から熱線を90%以上カットする「遮熱フィルム」、暖気を室外に逃さない「断熱フィルム」などを扱っています。その他にも、「防犯フィルム」「防虫フィルム」など、あらゆる窓ガラスフィルムを取り扱っているんですよ。
 
矢部 ひと口にフィルムと言っても、用途に分かれてそんなに幅広い種類があるんですね! どのフィルムが売れ筋なのでしょう。
 
西村 現在は、遮熱フィルムが売れ筋ですね。特に、法人のお客様からのご依頼が増えています。自宅と違ってオフィスの窓は大きいため、西日で困っておられる会社は多いんです。窓の半分だけ、あるいは窓の真ん中に貼りたいなど、様々なオーダーにお応えしています。
 
矢部 多様なニーズにも、柔軟に対応しておられると。フィルムのデザインにもバリエーションがありそうですね。
 
glay-s1top.jpg
西村 ええ。グラデーションがかかったものやドット、ストライプ、花柄と、スタイリッシュなデザインも続々と出てきていますよ。
 
矢部 そんなにたくさん! ただ、フィルムって貼るのが難しいですよね。私も貼ったことがあって、少し空気が入ったせいでデコボコになっちゃいました。しかもフィルムは薄いから、ミスが目立ちやすい気がします。
 
西村 「ガラス用フィルム施工技能士」という国家資格があるくらいなので、素人さんには難しい作業だと思います。プロでも下手な人が貼ると、10年もつはずのフィルムが3年でダメになってしまうこともありますからね。そう考えると、やはり腕に自信のあるプロに任せたほうが確実ですし、弊社はフィルム施工に特化しているため、技術面でもご安心いただけます。