B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ロッククライミングで
人生に喜びを見いだそう

 

630種類の筋肉を鍛えられる唯一のスポーツ

 
glay-s1top.jpg
向井社長自らロッククライミングを実演!
向井 それから、ロッククライミングには想像力も必要なので、感性を鍛えることもできますよ。
 
矢部 ただやみくもに岩を掴んで登ればいいわけではないんですね。こちらには、どんな方々が集まってこられるのでしょう。
 
向井 会員の40%は小学生で、若い女性も多いですね。プロクライマーも所属していますよ。
 
矢部 え、半数近くが小学生なんですか。それは意外!
 
向井 そう思いますよね。それくらいの年齢の子が「この壁、登ってみたい!」と目を輝かせても、ほとんどの親御さんも「無理だよ」とおっしゃいます。でも、実際に挑戦してみると、子どもたちはあっという間に何メートルも登れるようになってしまうので、それを見てびっくりされるご両親が多いんですよ。
 
矢部 それって先ほど向井社長がおっしゃった、「私にもできるかもしれない」という意識を持つことの大切さをまさに現していますよね。
 
向井 そうなんですよ。子どもが自分で向かいたい方向へ自由に手を伸ばしてこそ、社会に出るための知性や洞察力を身につけて、成長することができるんです。だから決して、親の思い込みで子どもを育ててはいけないんですね。
 
glay-s1top.jpg
矢部 説得力がありますね。それにしても、ロッククライミングって過酷な男性のスポーツというイメージがありましたが、子どもも女性も楽しめるんですね。
 
向井 ええ。むしろフランスでは、いろんな力が養えるうえに美容と健康にも良いからと、若い女性の多くがアフター5にロッククライミングを楽しんでいます。というのも、トレーニングジムで運動しても鍛えられる筋肉はせいぜい50種類ほどですが、ロッククライミングは全身を使うので、630種類以上もの筋肉を鍛えることができるんですよ。これだけ多くの筋肉や体幹をバランス良く鍛えられるスポーツは、ロッククライミングだけですし、あらゆるスポーツの基礎にもなります。
 
矢部 630種類・・・。向井社長のお話を聞いて、ここ最近ロッククライミングが人気だと言われている理由がわかったような気がします!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事