B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン ふぐ料理とかに料理をリーズナブルに堪能できる「ふぐとかにと海鮮料理 亀虎」さんにお邪魔しています。こちらは2016年12月にオープンされたお店だそうですね。
 
島本 ええ。20歳でふぐ調理師免許を取得して、海鮮料理店とふぐ・かに専門店で修業を積んだ後にこの店を開きました。店名は海鮮料理店でお世話になった亀里さんから「亀」を1字頂戴して、「虎」は私の干支の寅年からきています。亀里さんには調理の腕はもちろん、胆力も鍛えていただいたおかげで、今では何があっても動じませんよ。
 
タージン 亀里さんには、今も恩を感じていると。素敵な師弟関係ですね! では、お料理へのこだわりから教えてください。
 
島本 はい。ふぐは大きいほうが歯ごたえも舌触りも良いため、1.2kg以上の国産とらふぐを使用しています。出汁もよくとれるので、てっちりのシメの雑炊もより濃厚になるんですよ。産地は時期やその年の味によって変えるようにしています。
 
タージン 良いですね~! こだわりを感じます。コースはどういったものが?
 
島本 スタンダードな「とらふぐてっちりコース」なら湯引き、てっさ、唐揚げ、てっちり、雑炊、デザートでお1人5000円。1.2㎏クラスのふぐをこの値段で食べられるところはそうないと思います。かにのほうも、「ずわいがにかにすきコース」があって、付き出し、かにみそ、かに刺し、かに天、かにすきかかにちり、雑炊、デザートで1名5000円。それぞれ7500円の贅沢コースもご用意しています。鍋については私から「今が食べ頃ですよ」とお教えしますし、お客様のお好みもカウンター越しに把握するよう努めているので、あまり気構えずリラックスして召し上がっていただきたいですね。
 
glay-s1top.jpg
タージン それだけ充実したコースをそのお値段でいただけるうえに、気も配っていただけるなんて、贅沢ですね! 今後はどのようなお店にしていきたいとお考えですか?
 
島本 例えば春は貝、夏は鱧(はも)、秋はおいしい魚がよりどりみどりなので、四季折々の一品料理も充実させていきたいですね。それからいずれはもう1店舗構えるのも夢です。営業時間は17時から23時までですが多少融通はききますし、具材のお持ち帰り販売もしているので、ぜひお気軽にお立ち寄りください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
大変な時でも、下を向かないこと。この先に良いことがあると思えば、楽しめると思います。
(島本一樹)
 

:: 店舗情報 ::

ふぐとかにと海鮮料理 亀虎

〒546-0014 大阪府大阪市東住吉区鷹合1-4-20

ホームページ
https://r.gnavi.co.jp/byvc4bp90000 (ぐるなび)

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事