B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 京都府出身山口県育ち。幼少期に化石発掘に夢中になり、自然科学・地質学に興味を持つ。大学院修士課程を修了後ニュージーランドでの技術指導および研究期間を経て、大手建設コンサルティング会社に入社する。国内、インドネシア、フィリピン等での地質調査・解析に従事した後、友人の研究所に転職。東日本大震災などをきっかけに独立を決意し2015年7月にジオサン技術士事務所を立ち上げた。技術士、APECエンジニア、防災士、技術アドバイザーとして活動中。【ホームページ
 
 
 
奈良県生駒市で、国内外の地質に関する調査・解析・コンサルティングなどを手がけるジオサン技術士事務所。代表の西村貢一氏は、高度な専門的応用能力を持つ者だけに与えられる「技術士」の国家資格を所持。技術的・肉体的に困難なフィールド調査には定評がある。東日本大震災を機に一般の人たちに地質や防災・減災の知識を広める活動も開始。独立後は「土地や家を購入する前にそこの自然災害リスクを考え、わからない場合は相談してほしい」と呼びかける。フィールドを愛するワイルドな地質屋に熱き思いを聞いた。
 
 
 

熱帯から砂漠・高山、地質調査でどこまでも

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 西村代表は技術士という国家資格をお持ちだそうですね。これは、どのような資格なのでしょう。
 
西村 技術士とは、科学技術の分野で高度な専門的応用能力を持つと認められた者です。機械・化学・建設・環境等多くの技術分野があり、私は応用理学部門の地質学を専門としています。
 
タージン 最高度の国家資格をお持ちだというのは、頼もしいですね。地質学って具体的にどんな学問なのですか?
 
西村 地質学は社会の安心・安全の要です。私の場合ダムやトンネル発電所等、重要な社会資本の建設や維持管理のための調査や、活断層や地すべり土石流等防災・減災のための調査、地熱や温泉等資源開発のための調査を行っています。なのでフィールドが命。年の半分以上はハンマー持って野山を這いずり回っております。滝を登り熊に遭遇したり、海外ではコブラを踏んだりキャンプ中に蟻に襲われたりと大変です(笑)。でも、それが好きなんですね。登攀能力と調査技術は誰にも負けませんよ。
 
タージン それは大変、まるで探検家ですね。独立するまでの経歴を教えていただけますか?
 
西村 大学院を卒業した後に入社した大手建設コンサルタントでは、優秀な技術者の方々と貴重な体験ができ、技術を磨くことができました。でも、長時間労働が続いたことや、キャリアを重ねるうちにフィールドから離れるようになってきましてね。それで、友人が経営する地質研究所に転職しました。そこは当時、全員が博士か技術士という専門家集団でして、そこに在を置きながら1人在宅で仕事ができるようになったんです。おかげで出張の合間に地域のボランティア活動や趣味の吹奏楽もできるようにも。独立を考えたのはそれからです。東日本大震災が起こったことも、独立を決意した大きなきっかけになりましたね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事