B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

車を愛する人が集う 
信頼のカーショップ

 

車と名が付くことなら、なんでもやる

 
タージン 大倉代表の能力を買ってくれたのは、どんな方だったんですか。
 
glay-s1top.jpg
大倉 偶然にも私と同じ高校に通っていた先輩で、当時の私のお客様でした。あるとき、その先輩が大手自動車用品販売店から独立したんです。独立後も私とは車の納品などでお付き合いが続いていましてね。あるとき、自動車業界から離れたいと悩んでいた私に、「8年間も続けたのにもったいない」と、シェアオフィスを提案してくれました。私も30歳になっていましたから「これが最初で最後のチャンスだ」と独立を決断して、2016年8月に起業したんです。
 
タージン それがこの店舗というわけですか。大倉代表は、人とのご縁に恵まれましたね。
 
大倉 はい。本当に、周囲の方々に助けられてきた人生だと思っています。
 
タージン 実際に独立して、ご感想はいかがですか。
 
大倉 ディーラーで働いていた頃のように「○○社の大倉さん」ではなく、ありのままの私を頼りにしてくださるお客様がたくさんいる。それがとても嬉しいですし、好きなことを仕事にしているのでストレスが溜まりませんね。
 
タージン 大手企業の看板ありきではなく、一人の人間として信頼してもらえる。それは、大倉代表が一生懸命に仕事をしてきた証だと思いますよ。具体的にはどんなことを心がけて仕事に取り組んでいるんですか。
 
大倉 「車と名が付くことなら、なんでもやる」がモットーで、それが私の仕事だと思っております。ですから、自転車のパンク修理もしますし、冗談で「ご希望でしたら、乳母車も仕入れて販売いたしますよ」とよく言っています(笑)。
 
glay-s1top.jpg
タージン 車というのは自動車以外も含まれるのか! 頼もしいなぁ。そういう親身なところが、このお店の人気の秘密なんでしょうね。新車や中古車の販売は、どのあたりの地域まで対応していただけるのでしょう。
 
大倉 ご注文があれば全国どこへでもお届けしますよ。実は今度、佐賀県まで納車に行くんです。陸送業者に納品を任せるとお客様に詳しいご説明ができないので、私自身がトラックで運び納車してきます。

タージン それだけ親切にしてくださると、お客様からの信頼も高まるばかりでしょうね。でも、定休日や営業時間を決めるのが難しくなりませんか。
 
大倉 このお店は、定休日を決めていないんです。ですから、事前にご連絡をいただければ、いつでもどのような業務であっても対応させていただきます。お客様からの要望には、できるだけお応えしたいですからね。
 
タージン お客さんからのニーズは様々なはず。それに可能な限り応えようとする大倉代表の意気込みは、素晴らしいですね! 
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事