B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン アーリーケアさんでは、児童発達支援と放課後等デイサービスを行う施設、「アリス」を運営されているとか。それぞれ具体的にはどのような内容のものなのですか?
 
山﨑 児童発達支援は、障がいのある未就学児が集団生活に慣れるよう支援するもので、放課後等デイサービスは障がいのある就学児童を放課後や長期休暇にお預かりする、学童保育のようなものです。弊社では特に発達障害のお子さんを対象にしていて、他にも障がいのある児童を対象にした「特定相談支援」や「障害児童相談支援」も行っているんですよ。
 
タージン 発達障害という言葉は最近よく耳にするようになりましたし、それだけ社会的にも非常に意義のある事業ということですね。山﨑代表は以前、高齢者のケアに従事されていたとのこと。社会人第一歩目が介護福祉の業界だったのでしょうか。
 
山﨑 はい、手に職をつけるために10代でこの業界に飛び込み、必要な資格を取るべく、働きながら必死になって勉強しました。最初にヘルパー2級を取り、その後は介護福祉士にケアマネジャー、社会福祉主事の資格を取ったんです。
 
タージン 働きながらの勉強は、並大抵のことではなかったでしょう。
 
glay-s1top.jpg
山﨑 大変でしたが、当時は充実感を感じていました。今思えば、若かったからできたのかもしれません。
 
タージン 他にも、地域包括支援のお仕事もされたとお聞きしました。
 
山﨑 ええ。特別養護老人ホームに勤めた後、大阪府岸和田市の社会福祉協議会に入り、その後、泉大津市の社会福祉協議会の地域包括支援センターで働きました。高齢者ご本人やご家族からの介護に関する相談に対応するところで、内容によっては必要に応じて、保健所や市役所など、他の機関に取り次ぐこともしていましたね。
 
タージン つまり、どこに相談すれば良いのかわからないという方が、まず最初に頼れる窓口ということですね。中には深刻な悩みもあるでしょうし、精神的に大変だったのではないですか?