B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

常に真剣! 常に情熱!
他社とは異なるASUKA流

 

目的意識が必要不可欠

 
glay-s1top.jpg
吉村 私も引退後はコーチや2軍監督を務めましたので、人材教育の大切さはよくわかります。スタッフの方とは、どういった意識を共有されているのでしょうか。
 
谷津 現場に入ったときより、出て行くときのほうが美しく。現場を必ず清掃するよう声をかけています。きちんと清掃をして帰ると、お客様も気持ちがいいでしょう? 長いお付き合いをさせてもらいたいですし、最後まで、工事が終わった後も真剣に取り組みますよ。
 
吉村 施工技術だけでなく、そういった“マナー”の部分までしっかりしている方だと、信頼できますしね! 他には、どのようなことがありますか?
 
谷津 徹底した安全管理ですね。これに必要なのは、お互いに声をかけ合うこと。スタッフ全員で助け合うという考え方です。そこには先輩も後輩も関係ありません。うちは、そういう環境づくりをしているんですよ。
 
吉村 職人さんというと、「間違ったら怒られる」や「技術は見て覚える」といった印象がありましたが、ASUKAさんはそういった文化を壊し、全員で力を合わせるという新しい流れをつくっておられるように感じます。そんな谷津社長が、若いスタッフに伝えたいことは何でしょう?
 
glay-s1top.jpg
谷津 目的意識を持って働いてほしいですね! この業界で生き残っていくのは、やはり「頑張って収入を得る」「お客様に喜んでほしい」という目的意識を持った人。これに尽きるんです。自分の中に確固たる目標と情熱を持っていれば、それに向かって自然と頑張ることができます。とは言え、最初から高い目的意識を持って、それを持続させるのは難しいことかもしれません。ですから1年ごとに課題を考えるなど、比較的短スパンの目的をしっかり持って、常に高い意識を保ちながら仕事に取り組めるスタッフを育てたいですね。
 
吉村 なるほど。目的意識を持って生きていかないと、自分の人生に意味を見出すことや、仕事をおもしろいと感じることが難しくなるかもしれませんね。
 
谷津 そうなんです。お客様の納得いく形を、お客様の立場になって考える。そこに真剣に取り組んで、お客様に喜びを感じていただくことで、収入を得る。当たり前ができなくなっている今だからこそ、情熱が必要だと思っています。
 
吉村 教育にかける思いが伝わってきますよ。谷津社長には、ぜひ多くの人を導いてほしいですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事