B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

会話で身につける韓国語
文化の理解深める催しも

 
 
glay-s1top.jpg
矢部 ちなみに、大島先生から見て、ゴインドル韓国語学院の良さってどんなところだと思いますか?
 
大島 韓国語が早くうまくなりたくて、いくつかの教室に通って勉強してきた中でも、ゴインドルは、とにかく話すことを大切にしています。教科書に沿った座学というより、どんどん話して覚えるコミュニケーションの場ですね。私も、以前は苦戦していた韓国語が、金先生と出会って話せるようになりました。
 
 よく「学校で英語を10年習っても、英会話はできない」と言いますよね。教科書と書くことで何とかしようとするから、知識はあっても話せないんですよね。では、話せるようになるにはどうするかというと、まずは口を動かすこと。間違ってもいいから、とにかく覚えたことをすぐ口にして、馴れていくのが1番なんですよ。だから、生徒さんにはしつこいぐらい、話してくださいと促しています(笑)。
 
矢部 でも、本当に口に出さないと忘れちゃいますよね。私も覚えたての韓国語をいつもつぶやいていますよ。
 
glay-s1top.jpg
 そう、それでいいんです。矢部さんが初めにあいさつしてくださったとき、初心者とは思えませんでしたよ。
 
矢部 本当ですか? カムサハムニダ! 今日はお話をうかがえて、楽しかったです。今後のご活躍にも期待していますよ。
 
 ありがとうございます。これまでも年に1回、修学旅行として、生徒さんたちと一緒に韓国に行くツアーを企画してきました。例えば、韓国語を学ぶ仲間たちと韓国のマラソン大会に参加したこともあります。5㎞、10㎞・・・と、仲間たち、そして現地の参加者と一緒に走って交流を深めるプログラムです。今後はさらに、韓国文化を深く知ることができるイベントも考えたいですね。私も祖国の文化を生徒さんと一緒に学んでいきたいと思います。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
とにかく笑顔とコミュニケーションを大切にしていますね。
(金世煥)
 

:: 事業所情報 ::

ハングルゴインドル韓国語学院

〒600-8421 京都府京都市下京区綾小路通り烏丸西入り童侍者町161 綾小路スクエア602号

ホームページ
http://www.hangul.a-goindol.com