B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

地域密着で親身な対応 
笑顔になれる鍼灸整骨院

 
 
glay-s1top.jpg
矢部 その後独立して、開業なさったのはいつ頃だったのでしょう?      
 
堤野 昨年、2016年の1月なので、ちょうど1周年を迎えたところです。
 
矢部 それはおめでとうございます! 来院する患者さんは、どのような方が多いのでしょうか。
 
堤野 年齢層は幅広いです。この地域には学校がたくさんありますので、スポーツで怪我をした子どもたちも来院しますし、高齢者の方もいらっしゃいますね。
 
矢部 子どもからお年寄りまで、大勢の方から頼りにされているんですね。施術のメニューも、とても豊富だとお聞きしました。
 
堤野 ええ。私は鍼灸だけ、整骨だけといった狭い施術はしたくないので、様々な技術を導入しています。例えば美容鍼灸も行いますし、ハイボルテージという機器やKTテープなどのテーピングも施術に活用しているんですよ。
 
矢部 ハイボルテージとKTテープというのは、耳にしたことがありませんでした。どのようなものなのか教えてください。
 
堤野 ハイボルテージは、高電圧の電流を瞬間的に流す鎮痛効果の高い医療機器です。KTテープは筋肉や関節、靭帯、腱に貼ることで、各機能をサポートしてくれる画期的なテープですね。
 
矢部 新しいものをどんどん取り入れてらっしゃるんですね。
 
堤野 そうですね。ただ、新しければ何でも導入するのではなく、まず人に聞き、自分の体で試し、本当に効果があると思った技術だけを取り入れています。そのうえで、一人ひとりの患者様としっかり会話をして、その中から引き出した情報をもとに必要な技術を用いて施術にあたるようにしていますね。
 
矢部 親身に接することで、その患者さんにとって最適な施術法を選び、実践してくれるわけですね。自宅での過ごし方や運動の仕方なども、アドバイスしてくださるのでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
堤野 もちろんです。ですから、少しでも体の調子が悪いと感じたら、いつでも気軽に立ち寄っていただきたいですね。
 
矢部 堤野代表のように気さくで親切な先生が身近にいてくださると、地域の方は安心して暮らせるだろうなぁ。2年目を迎えた院の運営にも力が入りますね!
 
堤野 はい。地域密着で地元の方に愛される院を目指して、これからも努力します。そして今後は、お年寄りの方々のサポートをさらに充実させたいですね。寝たきりにならないための予防や介護分野のサポートなど、高齢者の方々のためのサービスを積極的に手がけたいと思います。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
良い仕事をするために、どのような良い準備をすべきかを常に考えています。患者様に喜んでいただけるような施術に努めるのは当たり前のこと。良い準備があるからこそチャンスが転がり込みますし、それを掴んだ瞬間が楽しいですね。
(堤野啓)
 

:: 事業所情報 ::

緑が丘鍼灸整骨院

〒617-0838 京都府長岡京市緑が丘13-23

ホームページ
http://greenhill.webcrow.jp