B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

特殊な貨物も扱える 
信頼の技術で物流を支援

 

社員が生涯通じて働ける会社に

 
glay-s1top.jpg
白石社長が信頼を寄せるスタッフたち
石黒 顧客優先の路線を変更するとなると、顧客からの反発も予想されますが・・・。
 
白石 社員優先の体制に変えれば人材が定着し、担当者がころころ変わるということがなくなって、お客様としても仕事が進めやすくなります。結果的にそれがお客様の利益にもつながると考え、社内の体制を刷新したところ、実際に業績も伸びましたよ。社員数も、入社当時には約20人だったのが、今では80人ほどいるんです。
 
石黒 素晴らしい! 白石社長の読みは正しかったというわけですね。ところで、白石社長のお話を聞いて思い出しました。私の父は変わったところがありまして。学校の試験とモーニング娘。のオーディションが重なったときに、オーディションに行かせてくれたんですよ。親なら普通、学校に行かせると思うので嬉しかったですね。また、私が学校に化粧をして行って先生から呼び出されたときも、「彩は考えがあって化粧をしているのだ」と逆に先生を説得してしまいました。そうやって自分のことを全力でフォローしてくれる人は裏切れないし、その人の恩に報いるためにも全力で頑張ろうという気持ちが湧いてくるんです。おそらく、白石社長の“全力フォロー”を社員の方も感じたからこそ、業績アップにつながったのではないかと思います。
 
glay-s1top.jpg
白石 頻繁に現場へ足を運んでいれば、社員がどのようなことを考えているかがおおよそわかります。また、社員が間違っていると感じた際、最初は会長を通じて注意をしていたのですが、あるときを境に、自分で注意をするように改めました。私より年長の社員に注意をすることに対抗はあったものの、自分の言葉で伝えることにより、社員も理解を示してくれるようになったんです。
 
石黒 避けて通れることでも、あえて真正面からぶつかった白石社長の姿勢に、社員の方々も真剣さを感じられたのでしょうね。
 
白石 と言っても、まだまだこれからです。社員が生涯を通じて働ける会社にすること、そして働いていて誇りを持てる会社にすることが目標ですから。そのためのプロセスとして、2018年までに飲食事業の展開を考えていまして。高級居酒屋やドッグカフェの経営に着手したいと思っています。そして長期的なビジョンとしては、自社倉庫を保有したいんです。そうすれば物流業務の幅も広がるので、高齢になった社員も様々な業務に就くことができます。そうしていつの日か、会社を上場させたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
野望を持つことです。目標ややりがいを持つことで仕事のモチベーションが向上し、お客様により良いサービスが提供できるようになります。ですから、スタッフ一人ひとりに野望を持たせてあげられる会社にしていきたいですね。
(白石浩樹)
 
 :: 会社概要 :: 
   ■ 社名 グローバル・ロジスティックス株式会社
 ■ 本社 〒221-0822 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川2-2-1 東白楽駅前プラザA3-B
 ■ 事業内容 貨物取り扱いおよび業務請負業/労働者派遣事業/貨物軽自動車運送業/清掃業およびハウスクリーニング業/飲食店の経営
 ■ 設立 平成26年7月
 ■ 従業員数 80名
 ■ 主な取引先 横浜冷凍株式会社/株式会社ダイワコーポレーション/日本通運株式会社/ サンコー・エア・セルテック株式会社/株式会社廣川運送/ケーラインサービス株式会社/マルハニチロ株式会社/株式会社エアーポートカーゴサービス 等
 ■ ホームページ http://www.global0702.co.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事