B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 兵庫県出身。近畿大学商経学部卒業後、総合証券会社に入社。新規開拓件数年間記録を樹立するなど、トップセールスマンとして活躍する。社内でのセールス指導などを通じて人材育成支援事業に興味を持ち、人事教育会社と契約を結び、転進を図る。修業を経て独立開業後、1997年11月に(有)スマート・アイとして法人化を果たした。またその間、高知工科大学基盤工学科起業家コースにて若手の早期教育(体験学習)をテーマに博士論文を発表する。【ホームページ
 
 
 
人材育成支援事業を行う有限会社スマート・アイでは、安易なキャリアカウンセリングを良しとしない。坂田淳代表取締役は「“どうなりたいか”は大切だが、“どう生きたいか”のほうがもっと大事。自分の意志でやることを自己決定して、未来に対する目標を立てて努力する生き方こそが、“イキイキワクワク”の源泉である」と語る。このことを信条とする坂田社長に、イキイキワクワクした人生を送るための人材活性化論をうかがった。
 
 
 

イキイキワクワクした生き方・働き方

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 人材育成支援事業を行うスマート・アイさんにおうかがいしています。まずは事業内容をご紹介していただけますか。
 
坂田 はい。私は自分の意志でやることを自己決定して、未来に対する目標を立てて主体的に行動し続けることが、イキイキした人生を送るための基盤だと思うんです。ところが、プロボクサーとして世界チャンピオンになった畑山さんのように、明確な目標を立てて具体的な行動に移せる人は、なかなかいないもの。そこで弊社はお客様が目指す目標とビジョンを実現できるための支援と人材育成を「イキイキワクワクプロデュース」と称し、活動させていただいているんです。
 
畑山 なるほど。お客様の目標実現のための育成や支援をしてくれるわけだ。
 
坂田 はい。その、イキイキワクワクプロデュースするための重要な視点が「Strategy、Mind、Action、Relation、Technique、Identity」です。説明しますと、Strategy――目的とビジョンを描き、Mind――あらゆるご縁を活かし、Action――行動する。さらに目標実現のためには Relation――コミュニケーションをとり、豊かな人間関係を拡げていき、Technique――実践に強い得意技をつくっていくことが必要です。そして、目的・ビジョンに向かって進む行動の判断基準として最も大切なのがIdentity――自分にとって何が大事なのか、しっかりとした価値観が確立されていることなんですね。弊社は、これらの頭文字を取った「Smart-i」を社名にしております。