B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 宮地真緒(女優)
宮地 東京都昭島市の自家焙煎コーヒーショップ「ダイニングカフェ スリーアップ」さん。今年2016年2月にオープンしたばかりとお聞きしました。コーヒーや軽食の種類がとても豊富ですね! 三上代表は、いつ頃からコーヒーを淹れる腕を磨いてきたのでしょう。
 
三上 もともと大学時代に喫茶店でアルバイトをして、卒業後もそのまま店に居着いてしまったんですよ。当時の喫茶店のマスターというのは、職人気質の人が多くて、私もコーヒーを淹れては、その都度、師匠から厳しい指導を受けてきました。
 
宮地 まさに三上代表の修業時代というわけですね! それから自分の店を持つことに?
 
三上 いや、喫茶店からは離れて倉庫管理の会社で会社員として働きました。ところが街を歩いているときに前の店の経営者とバッタリ出会い、「お前がいなくなって売り上げが落ちた。戻ってきてくれ」と頼まれたんです。それで再び同じ喫茶店に2年ほど勤務しまして。そうすると今度は倉庫会社の部長から「戻ってきてくれ」と頼まれました(笑)。
 
宮地 いろんな方に頼られていたんですね。三上代表が多才だったことがうかがえます。
 
glay-s1top.jpg
三上 その後は自分の新たな可能性を探してビル清掃の会社に移り、やがて独立しました。住宅の清掃や建築リフォームも手がけるようになり、現在、ミカミコーポレーションというリフォーム会社を経営しているんですよ。
 
宮地 そうだったんですか! そこからコーヒーショップを始めたのはどうしてですか?
 
三上 リフォームの現場では、年をとって無理がきかなくなりましたからね。そちらの仕事はスタッフに任せ、私は大好きなコーヒーに携われる仕事ができたらと思い店を持つことにしました。コーヒーは奥が深く、産地や焙煎の仕方によっても、また淹れ方によっても味が全然違います。おいしいコーヒーを淹れて飲んでもらい、お客様から喜びの声をいただけたら最高ですね。