B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 吉村禎章(野球解説者)
吉村 兵庫県姫路市の有本農園さんは、ニンニクを熟成させた黒ニンニクの製造・販売をされているそうですね。有本代表はどのような経緯でこのお仕事を?
 
有本 もともと私は化学関係の会社に勤めていたんです。その後、父に代わり農業をすることになりまして。それで地元に戻って学習塾の講師を経て、1987年に「フォワイエ共学舎 花田校」を開校しました。さらに2000年頃からニンニク栽培も始めたんです。
 
吉村 学習塾と並行して有本農園を経営されているわけだ。黒ニンニクに目をつけたのは、何か理由があってのことでしょうか。
 
有本 はい。病弱だった私の娘や疾患のある知人に、健康になってほしいと思い、いろいろと調べたのが始まりでした。最終的にたどり着いたのが、黒ニンニクだったんです。それで、家族に1年間食べさせたら、娘はもちろん、みんな体調が良くなりました。
 
吉村 実際に試して成果が得られたので、ニンニク栽培と加工品販売に踏み切ったわけですね。
 
有本 ええ。家業が農家だったので、農業のノウハウもありましたのでね。黒ニンニクは
生ニンニクよりも、心筋梗塞、糖尿病、癌、免疫力低下による細菌やウィルス感染の予防
に効果が期待できるそうで、学術論文でも紹介されているんですよ。当農園では無農薬・
減農薬で、使用する土もニンニク栽培に適したものにこだわっています。
 
吉村 栽培の仕方にもかなりこだわっておられると。どのくらいの量を食べるものなんで
すか。
 
有本 1日1片か2片、疲れを感じたときに食べるのがいいですよ。ニンニク特有の臭みも
ないですし、甘くてしっとりしています。ニンニクは熟成させるとこれだけ甘くなるのだ
と、ぜひ知っていただきたいですね。
 
吉村 熟成させると甘味が出るなんて、知らなかったです。これはどちらで購入できるんですか。
 
glay-s1top.jpg
有本 スーパーなどの小売店の他、インターネット販売もしています。栽培から加工まで全て当農園が行いますので、コストを抑えた販売ができるのが強みですね。
 
吉村 なるほど。生ニンニクを超える有効性があるとは言え、その存在はさほど知られていないと思いますから、積極的に普及活動をしてほしいです。
 
有本 頑張ります。私は低価格でこの黒ニンニクを提供し、たくさんの方々の健康維持に向けたお手伝いができれば本望なんです。今後は関連商品や発酵商品の開発なども手がけつつ、スポーツ選手や病気療養中の方にも手にとっていただける仕組みをつくりたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事はゲ-ムです。熱中してやれる何かを自分で見つけ、とことん追求していく。新しいことにチャレンジし、それが少しずつ形として現れてくると楽しいですね。
(有本和秀)
 

:: 事業所情報 ::

有本農園

〒671-0255 兵庫県姫路市花田町小川960

ホームページ
http://www.omiseni-go.com/detail/index.cfm?cl_id=1355&preview
http://www.fowaie-hanada.jp/(フォワイエ共学舎)

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事