B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

高性能中古プリンターを
新品同様の品質で提供

 

顧客はもちろん家族や趣味の時間も大切に

 
glay-s1top.jpg
 松本社長が全ての業務を1人で担っておられるわけですよね。かなりご多忙なのではないですか?
 
松本 自分のキャパシティを超える業務量を請け負ってしまってはお客様に迷惑がかかりますので、そのあたりは調整しながら受注しているんです。利益のために何でも引き受けてしまうのではなく、常に120点の仕事ができる量をキープしています。それにあまり仕事を詰め込みすぎると、家庭や趣味がおろそかになってしまいますからね(笑)。
 
 職人のように四六時中お仕事に打ち込まれているのかと思いきや、プライベートも大事にしておられると。日本人にはあまりいないタイプの経営者ですね。
 
松本 自分で事業を営むからには、スケジュールは自分で決めたいんです。例えば、会社勤めの方であれば22時頃に帰宅し、子どもの寝顔を見て、ビールを飲んだらだいたい1日が終わってしまいますよね。でも私は18時には仕事を終えて、帰宅したら犬の散歩をしたり、小学生の息子と遊んだりしています。部活をしている上の子は私より帰宅が遅いので、逆に「おかえり~」と出迎えているんです(笑)。
 
 いいですね! ご家族の団らんの様子が目に浮かびます。僕は以前、スペインに1年半住んでいましてね。スペイン人も自分の時間を大切にするんですよ。スペインには「1円あったら旅に出ろ」ということわざがあり、これは、「必要以上のお金を稼ぐために時間を費やすより、人生を豊かにするための時間に充てたほうがいい」ということを表しています。つまり、仕事はしなきゃいけないけど、もっと大事なこともあるよと考えているわけです。
 
glay-s1top.jpg
松本 その考え方、私も共感します。家族を養っていくだけのお金を稼ぐ必要はありますが、それ以上の利益を得るために休日をつぶすなんて、ナンセンスです。私は釣りが趣味なので、そのための日は必ず確保しています。人生1回限りなんだから、楽しまなきゃ損! いつか人生を終えた時には、棺桶をお金で満たすより、釣り竿で満たしたいと思っていますよ(笑)。
 
 素敵な夢ですね(笑)。若い世代には、「起業したい」と考えていても、大きな会社にする自信がないとか、たくさんの利益を得る自信がないとか考えて、踏みとどまる人が少なくありません。でも、松本社長のようにちょっと肩の力を抜いてチャレンジすれば、上手くいくんじゃないかな、という気がします。
 
松本 「起業=一攫千金」と考えがちですが、自分のペースでぼちぼちするのも悪くないもの。お客様を第一に考えながらも、同時に家族や趣味も大切にするという経営者がいてもいいと思っています。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お客様の喜ぶ顔が何よりのやりがいです。お客様が本当に望んでいることは何で、どう貢献すれば喜んでいただけるか、考えると楽しくてしょうがない。これからも質の高いオンリーワンの仕事で、中古品のイメージを変えられるよう頑張ります!
(松本章二)
 
 :: 会社概要 :: 
   ■ 社名 株式会社マイテック
 ■ 本社 〒206-0802 東京都稲城市東長沼471
 ■ 事業内容 コンピューターハードウェア販売・買取・保守業務/コンピューター機器導入・運用全般に関するコンサルティング業務
 ■ 設立 平成14年3月
 ■ ホームページ http://www.my-tech.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事