B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 N-STYLE WORKS(エヌスタイルワークス)さんは、飲食店などの販売促進のサポートを手がけているそうですね。
 
野澤 はい。ポスターやチラシ、カード類やメニュー表、電飾看板まで様々な販促品を制作し、お客様の売り上げ向上につながるご提案をしております。
 
石黒 幅広い種類の販促品づくりに対応してくれると。
 
野澤 はい。一般的にチラシはデザイン会社、看板は看板業者さんと担当が分かれており、お客様はそれぞれ別々の業者と打ち合わせる必要があります。しかし弊社はどんな販促品も請け負えますし、打ち合わせ、提案から制作・納品まで全てを担当するので、やりとりもスムーズですよ。
 
石黒 あらゆる販促品をワンストップで請け負えると。
 
野澤 その通りです。受注から提案・納品まで一括対応することで、時間やコストの削減につながります。それに、販促品ごとに別の会社さんに依頼しなくてすみますから、例えば看板とメニューで意匠が異なるものがそれぞれ納品されてくるような事態を防ぐこともできますよ。
 
石黒 1人で幅広い対応ができる野澤さんは、それだけのスキルをお持ちということ。これまでどんな経験を積まれてきたんですか。
 
野澤 私は、学生時代に機械工学と電子工学が合わさったメカトロニクスを学び、卒業後、9年ほど製造業に従事していたんです。その後、デザイン会社でDTPを習得し、販促品の制作をしていましたのでDTPデザインもできますよ。ちなみに、名刺にQRコードをつけるアイデアがありますよね? 実はあれ、私が考えたものなんです。実用新案登録もしています。ただ、権利使用料をいただくつもりはありませんので、ご自由にお使いいただいて構わないんですけどね。
 
glay-s1top.jpg
名刺にQRコードをつけるアイデアは、野澤代表が発案
石黒 ええっ、あのQRコードを? あれ、使っている企業たくさんありますよね!? そんなすごいアイデアを独り占めしないのは、太っ腹だなぁ(笑)。野澤さんは販促コンサルティングもできると聞いています。それはこれまでのご経験の賜物なんでしょうね。
 
野澤 それもありますけど、趣味が高じて身についたものでもありますね。と言うのも、私は18歳からラーメンの食べ歩きが趣味で、今でも年間300軒くらい食べ歩いているんです。しかも、ただ味を比べるだけでなく店の立地、店舗の内装や外観、サービスなどをチェックし、データベース化しているんですよ。
 
石黒 すごい! ただのラーメン通じゃないですね(笑)。
 
野澤 そのうちに、味はおいしいのに繁盛していない店や、その逆パターンの店が存在する理由などの原因を探るようになりまして。次第に、どのような店舗運営が望ましいのかがわかってくる。また、それだけの店舗数を食べ歩いているとお店の経営者の方とも仲良くなるので、アドバイスを求められることが増えてきました。
 
石黒 経営者は忙しいから他店との比較やリサーチをするのは大変ですよね。ラーメン通にアドバイスを求めたくなる気持ちもわかります。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事