B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 不動産の売買や賃貸の他、住宅ローンや相続などの相談も手がけるモコハウスさん。辻田社長は、もともと不動産業界のご出身ですか?
 
辻田 いえ、父が興した精密機械の会社に勤めていました。50代に入った頃、事業を次世代に任せようと思い専務を退任、会社も退職して「父のように、自ら仕事を立ち上げよう」と決心したんです。1年ほど夫婦で勉強し、宅地建物取引士や、ファイナンシャルプランナーとして必要な基礎知識を持ち、適切なアドバイスや提案ができる技能を修得した者に与えられる、AFPなどの資格を取って起業しました。
 
タージン 重職を退き、畑違いの分野で独立とは、勇気のいる決断です。しかも1年で宅建を取得するのは、至難のわざですよ。それを成し遂げたということは、不動産業に深い思い入れがおありなんですね。
 
辻田 それが、不動産業にはグレーなイメージがあり「絶対に就きたくない」と思っていました(笑)。しかし、独立前にある不動産業者の方に弟子入りしましてね。これからのあるべき不動産業界とは? ということを包み隠さず教えてくれました。その経験からこの業界での独立を決意。他店とは違った取り組みを目指しています。
 
タージン そういえば、モコハウスさんの店内には広告が見当たりませんね。
 
辻田 不動産業界の偏った利益重視の経営に疑問を持っているので、あえて貼っていません。業界全体が改善しないと、世間のイメージも良くならないでしょう。不動産業者の役目は、お客様のニーズに応えること。伝統的な商売用語「三方良し」が、私の理念です。
 
タージン 「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」、三拍子そろって良い商売、という商人の心得ですね。辻田社長なら、売り手と買い手が双方とも満足できる仕事を実践してくれそうだ。
 
glay-s1top.jpg
辻田 異業種からの参入者だからこそ、自由な発想が可能なんです。消費者と同じ目線を持てることが、一番の強みですね。もちろん、良心的な業者さんもおられます。そういう方々と協力し、お互いの物件をお客様にご紹介できるネットワークを構築していきたいです。
 
タージン モコハウスさんのこれからが楽しみです。何より、辻田社長ご自身が楽しそうだ! お仕事を楽しむコツがあるのでしょうか。
 
辻田 右脳を使うことですね。「こうしたい」という思いをもとに右脳を活性化させ、左脳に指示すればいいんです。腹式呼吸などで心身をリラックスさせれば、右脳も使いやすくなります。アイデアが湧き、効率良く作業でき、苦しいことも楽しくなりますよ!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
右脳を使って仕事をすることです。
(辻田英之)
 

:: 企業情報 ::

モコハウス株式会社

〒612-0029 京都府京都市伏見区深草西浦町4-64-7

ホームページ
http://www.moco-house.com