B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 液晶パネルやキーボードなどのパソコン部品をインターネットで販売されている、トライウェイさん。こちらの事業は、代表社員の銭雨奇(セン ウキ)さんと、ご友人であり社長である張琳(チョウ リン)さんの2人で始められたそうですね。
 
 はい。私も張も、2009年に中国から日本の大学に留学してきまして。日本の大学在学中に、中国にいる別の友人の誘いで、もともとパソコン部品のネット販売をしていたんです。実は中国では、パソコンが壊れたら自分で修理するのが当たり前。なのでどの街にも市場のようななものがあって、必要な部品をすぐ手に入れることができます。でも日本にはそうした習慣がなく、部品を取り寄せようと思っても、なかなか手に入らないことを知りました。
 そこで、日本では買えないパソコン部品を中国から取り寄せて、インターネットで販売するビジネスを2014年4月から開始したんです。私たちのECサイトを訪れたお客様は、パソコンの型番を入れて必要な品物を検索するだけで、欲しい部品を格安で手に入れて、自分でパソコンを修理することができます。
 
石黒 自分で修理するのはなかなか難しそうですが、そのぶんメリットも大きいのでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
 はい。メーカーに修理を依頼すれば、人件費も加わって1万円以上の修理費を請求されてしまいますが、自分で部品を仕入れて修理すれば、コストを半額以下に抑えることができるんですよ。それに買い替えてしまうより、修理をして使うほうが、パソコンに対する愛着もより湧きますしね。ですからもし自分でできるかも、と思った方はご自分で修理してみるのもおすすめです。とは言っても、やっぱり自分ではできない、というお客様には、パソコンを当社に送っていただき壊れた部品を修理してから送り返すサービスをご提供しています。キーボードや液晶パネルの修理依頼が多いですね。
 
石黒 修理もしてくださるんだ! でも修理に出すとなればやはり、1週間くらいはパソコンを預けることになるのですよね?
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事