B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

画期的な電子カルテで
医療現場の環境を改善

 

より良い診察ができる環境づくりに貢献

 
glay-s1top.jpg
Heart Baseのメニュー画面。細かい部分もプルダウンでの記入が可能
安倍 私はもともとコンピュータが好きで、以前勤務していた病院では、患者さんのカルテをデータベース化し、ネットワークで共有する作業にも取り組んだことがあるんです。しかし2000年に当クリニックを開業し、医療ベンダーから勧められるままに電子カルテを試してみたところ、使いやすいものは1つもなかった。HeartBaseを開発したのは、必要に迫られてというのが理由ですね。

川上 なるほど。製品化されたのには、何かきっかけが?

安倍 2007年に雑誌「Mac Fan」の特集で2度も取り上げていただき、全国のクリニックから「製品化してほしい」という要望が届いたのがきっかけです。ただ、私は医師なので、どうすれば製品化できるのかわからない。そこで医療ベンダーに相談してみたのですが、リスクを考えて尻込みするばかりだったんです。それなら思いきって自分でやろうと、プロのシステムエンジニアと一緒にソフトをブラッシュアップしまして。2016年の7月に、医療関係のセミナーに出展して販売を始めました。

川上 素晴らしい行動力だと思います。反応は、いかがでしたか?
 
glay-s1top.jpg
安倍 「うちでも使いたい」というお問い合わせを、想像以上にいただくことができました。都内の大学のクリニックに導入されることが決まりましたし、小さなクリニックさんからもたくさんのオファーをいただいています。

川上 どんな仕事でも、同業者から評価されると嬉しいですよね!

安倍 ええ、まだまだ小さな一歩ですが、とても大きな一歩でもあると思っています。

川上 現役のドクターが「こうだったらいいのに」と考えながらつくった電子カルテだから、使いやすさは保証されているようなものですよ。同じような悩みをかかえているドクターも多いはずですから、HeartBaseが普及していけば、医療業界の活性化につながりますね。

安倍 そうしていきたいですね。全国10万件のクリニックで、HeartBaseが電子カルテのデファクトスタンダードになることによって医師の負担を少しでも減らし、より良い診察ができる環境づくりに貢献したいと思っています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
患者さんから「楽になったよ」とのお言葉をいただくのが何よりのやりがいです。また、今後は患者さんだけでなく、HeartBaseを通じて多くの医師の皆さんにも楽になってもらいたい。それが医療の質の向上につながってくれると嬉しいです。
(安倍次郎)
 
 :: 会社概要 :: 
   ■ 事業所名 医療法人あんべハート・クリニック
 ■ 所在地 〒356-0053 埼玉県ふじみ野市大井621-12
 ■ 事業内容 循環器科・内科・心臓血管外科の診療
 ■ 設立 平成12年5月
 ■ 従業員数 10名
 ■ 主な取引先 防衛医大病院/埼玉医大病院/国立病院機構埼玉病院
 ■ ホームページ http://www.anbe-heart-clinic.com
   ■ 社名 株式会社あんべハートコーポレーション
 ■ 事業内容 近未来電子カルテ「Heart Base」の普及・開発・販売
 ■ 設立 平成27年5月
 ■ 主な取引先 医療法人あんべハートクリニック/株式会社ヘルス/慶応大学(医務室)
 ■ ホームページ http://heartbase.jp