B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

1mmのズレも許さない
信頼の軽鉄ボード工事

 

質の高い仕事で、他との差別化を図る

 
glay-s1top.jpg
鈴木 異業種から、この業界へと飛び込まれた森本社長。日々どういったことを大切にお仕事に取り組まれているのでしょうか?
 
森本 冒頭でも申し上げた通り、仕事の“質”を意識していますね。見えない部分の施工だからこそ、妥協は一切許さない姿勢を貫いています。そして、当たり前のことですが、納期は絶対に守ること。また、「できない」とは言わないのが、当社のポリシーです。依頼されたことで、できないことってないと思っているんです。
 
鈴木 それは、お客さんに喜ばれるでしょうね! しかし、大手企業さんからの依頼が多いとなると、時には難しい案件もあるのでは?
 
森本 ありますね。「こんなの、どうやってつくるんだ?」と思うご依頼も(笑)。しかし、それがお客様の要望であり、当社が手がけないのであれば、結局他の業者が手がけるわけです。であれば、不可能なことなんてないというのが私の考えでして。協力業者と頭を悩ませながら施工することもありますよ。
 
鈴木 なるほど、おもしろい発想ですね。周りがやらないことを手がけるということが、御社ならではの強みにもなりそうです。
 
glay-s1top.jpg
森本 きちんとした仕事をして、それだけの対価をいただく。価格競争になっているこの業界において、クオリティの高い仕事を手がけ、他社と差別化を図っていくことが、生き残っていく秘訣でしょうね。また、当社では店舗などの内装工事を手がけることもあります。以前、オーナーさんが完成した内装を見て「ありがとう」と言って握手を求めてくださったことがあるんですよ。本当に嬉しいと感じました。そういったお客様に満足していただける施工を続けていくことも、当社の強みの1つだと思っています。
 
鈴木 それだけ仕事の質にこだわるとなると、人材育成にも力を入れる必要があるかと思います。森本社長が人材育成において心がけていることがあれば、教えてください。
 
森本 スタッフたちの、“兄貴”のような存在でいたいというのが私の思いでしてね。やはり仕事ですから、厳しいこともたくさんあります。特にクライアントが大手になればなるほど、条件も厳しい。だからこそ、職場を離れたら思い切り楽しんでもらいたいと思っているんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事