B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 アジア料理を提供されているフルバリさん。お店は門前仲町店と菊川店の2店舗があるそうですね。
 
バンダリ はい。どちらも約40種類のカレーをご用意し、ナンやライスは食べ放題。ランチやディナー、そしてパーティーにもぴったりの店です。
 
 40種類! カレーってそんなに種類があるんですね。ところで代表のバンダリさんは、どちらのご出身なんですか?
 
バンダリ 私はネパール人ですが、両親の仕事の都合でインドのデリーで生まれました。ネパールの大学に在学中、日本は世界一安全で便利な国だと聞いて来日。当時から、いずれは日本でアジア料理の店を経営したいと思っていたんです。そのためにも居酒屋など様々な飲食店でアルバイトをしながら日本人向けの味を勉強しました。その後、2012年に菊川店をオープンし、2016年の5月には門前仲町店を開いたんです。
 
 日本と故郷を行き来しながら、夢を達成されたわけですね。フルバリさんの特長は、どんなところにあるんでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
バンダリ インド料理やネパール料理を、日本人好みのマイルドな味わいで提供しています。それから例えば、インドではキチンカレーを骨付きのまま出すところを、スープが跳ねて服に付かないよう、日本では骨なしにアレンジしています。日本人のお客様のために、細かいところまで工夫しているんです。もちろん、本場の味やスタイルで食べてみたいという方には、現地のレシピでご提供することも可能ですよ。
 
 へぇー、日本人好みの味も、本場の味も楽しめるんだ。先ほどカレーは40種類あるとおっしゃっていましたよね。例えばどんな味のカレーが?
 
バンダリ チキンやマトン、キーマにベジタブル、シーフード・・・。まだまだあって、カレーのベースとなるスープは種類ごとに全てつくり分けているんです。ナンもプレーンやチーズなど、味によって素材や焼き方を変えていますよ。
 
 スープが全部違うんですか! すごいな。厨房を支えているシェフは、どんな方なんでしょう。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事