B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 相原勇(タレント)
相原 カイロプラクティックアンドビューティーサロンオハナさんにお邪魔しています。「オハナ」は、ハワイ語で「家族」という意味ですよね。私も今ハワイに住んでいるので、店内のハワイアンで、どこかアットホームな雰囲気には、心が安らぎます。こちらには、どんなメニューがあるのですか?
 
松崎 骨盤や背骨の矯正からフェイシャルエステ、小顔調整まで、カイロとエステ、健康と美容に関するメニューをご用意しています。季節によって、脚のむくみやお肌の乾燥などのお悩みに合わせたオプションもご提案しているんですよ。
 
相原 カイロとエステ、両方からのアプローチで心身共にキレイになれる、癒しのスペースなんですね。松崎代表は、どういった経緯でこうしたサロンをオープンされたのでしょう。
 
松崎 この業界に入る以前は、リクルート関係の広告会社で営業の仕事をしていたのですが、もともと独立願望がありまして。10代後半の頃の夢ノートには「30歳までに独立し、エステサロンのような癒しの空間をつくりたい」と書いたほどでした。それだけ思いが強かったので、ある時会社を辞めてカイロの協会で勉強し、2013年に狭山店をオープン。店内は大好きなハワイの、のんびりとした雰囲気が味わえる内装にしました。
 
相原 すごい、まさに有言実行! 私も夢を実現できるようにノートに書いているので、今のお話にはとても共感できます。「自分はこうなるんだ!」と強く意識すれば、自ずと道は開けてくるものですよね。ところでカイロプラクティックのほうは、日本ではまだまだ認知度は低いのではないですか?
 
glay-s1top.jpg
松崎 ええ、マッサージや中国整体と混同する人も少なくありません。アメリカと違って、日本では民間療法の位置づけです。そんな中で、アメリカの技術とノウハウがそのまま伝わっているのは当サロンが所属している協会だけかと思います。
 
相原 カイロって体の不具合に対し、骨格の歪みを整えて根本から症状を改善するわけですし、理にかなった療法だと思うんです。アメリカで施術を受けた時も、そう実感しました。
 
松崎 そうなんです。骨格を整えて神経伝達を正常にするので、内臓など体全体に良い影響があります。病状が悪化するとお医者さんに行き、薬に頼る方も多いのですが、症状を緩和する一時的なケアだけでは健康にはなれません。大切なのは、病気予防のための生活習慣をつくること。その1つが骨盤矯正で、そもそもカイロプラクティックの本来の意味は、「生活習慣の改善」、つまり、予防医学なんですよ。