B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

元気を支え育む漢方薬局
処方と「食養」の助言も

 

心も体も元気で過ごすことが幸せへの第一歩

 
glay-s1top.jpg
店内には「幸せ10ヶ条」を掲げている
渕上 というのも、昔に比べると、漢方薬が効きにくい状況が生まれているんです。原因の1つは、食習慣の変化。ですので、当店では、相談にいらした方の普段の食事についてお聞きして、必要に応じてアドバイスをさせていただいているんですよ。これを「食養」または「食養生」と言います。
 
川﨑 そうか、漢方が生まれた時代と現代とでは、食べるもの、飲むものの内容が大きく違うでしょうからね。
 
渕上 例えば、この頃は毎年夏場になると熱中症が心配だから、「とにかくこまめに水分をとるように」と言いますでしょう? でも、暑い季節でも乾燥している欧米と違い、日本は高湿度だから、大量に水を飲み過ぎると体が冷え、うまく汗もかけず、体から十分に発散できないんですよ。こういう気候風土に合わない習慣を放置していては、漢方の効き目も追いつきません。だから食養が大事になってくるし、私が長年学んできた範囲の知識を、できるだけお伝えしていきたいと思っています。
 
川﨑 漢方や薬に頼るだけでなく、食事など生活習慣を見直すことが健康づくりには欠かせないということですね。ところで、壁には「幸せ10ヶ条」という書が掲げてあります。これは渕上代表がお考えになったんですか?
 
glay-s1top.jpg
渕上 はい。少しでも皆さんが今を生きるためのヒントになればと思い、お客様との対話から感じたことを書きました。「季節のものを食べよう」など、ここにも食養が入っているんですよ。
 
川﨑 「水分、冷たいもの、甘いものは控えよう」ですか。僕、氷がいっぱい入ったジョッキで麦焼酎を飲むのが毎日の楽しみなんですよ(笑)。
 
渕上 体を冷やし過ぎるのはいけませんね(笑)。腎臓が悲鳴をあげていますよ。
 
川﨑  それにしても、“健康”じゃなくて“幸せ” 10ヶ条なんですね。
 
渕上 心と体は一緒ですから、心で感じる幸せも、心身の元気と切り離せません。元気になれば、幸せもついてくるもの。たくさんの人が漢方を通じて健康を取り戻し、元気で幸せな毎日を送れることを願っています。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
まずは一生懸命仕事に取り組むこと。もちろん辛いこともあると思います。そんなときはキレイなものを見たりおいしいものを食べたり、気持ちを切り替えるのも大切ですね。
(渕上慶子)
 
 :: 店舗概要 :: 
   ■ 店名 慈椿堂薬局
 ■ 所在地 〒610-0121 京都府城陽市寺田尺後26-12
 ■ 事業内容 漢方薬局
 ■ 設立 平成18年11月
 ■ ホームページ http://www.jichindo.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事