B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川上麻衣子(女優)
川上 犬のしつけや訓練、介護や散歩代行などを手がける戌心伝心さん。私は猫を飼っているので、お会いするのが楽しみでした。ホームページにワンちゃんの写真が掲載されていますね。内野代表は犬派なんですか(笑)?
 
内野 動物は何でも好きですよ(笑)。私は幼い頃から兄の影響で馬が好きで、騎手になるのが夢でしたしね。競馬学校には身長や視力の問題で入れなかったものの、動物に関わる仕事がしたいとの思いが胸でくすぶっていて、20歳頃に一冊の本と出合い、現在の道に進んだんです。
 
川上 人生の決め手となる本ですか! どんな内容なんでしょう。
 
内野 犬猫の殺処分の現状についてです。どうして檻に入れられたのかも知らず、無垢な瞳を向ける彼らの写真に、深く心を打たれました。同時に、殺処分からペットを救える仕事を必ずしようと誓ったんです。
 
川上 あまりに辛い現実の背景には、無責任な飼い主の存在が少なからずありますよね。どうして、ペットを捨てたり飼育放棄したりするのでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
内野 起業前に携わった動物の啓発活動を通じて、私なりに出した答えが、ペットとの意思疎通問題です。例えば犬を手放すのは、その犬を愛せなくなったからではないかと考えました。だから、愛犬との心の交流を取り戻せるように、この事業を始めたのです。
 
川上 内野代表が、飼い主と犬との間に立ち、両者の絆を取り戻すわけですね。そして、ゆくゆくは不幸なペットを減らそうと。ホームページで、「仕事」を「志事」と表記されているのも納得です。
 
内野 この仕事が、私の目標につながっていると確信して“志”を使用しました。ちなみに、屋号の「戌心伝心」も、飼い主と犬の心の交流を思って付けたんです。
 
川上 人間にとって、犬は最古の友人と言われていますもんね。素敵なネーミングですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事