B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川﨑麻世(タレント)
川﨑 健康に関する情報提供や啓蒙活動を手がけるサンドベリ・ジャパンさん。特に、近年話題のAGEと呼ばれる、終末糖化産物の対策に力を入れていらっしゃるそうですね。益田社長がAGEに注目したきっかけは、なんだったのでしょう。
 
益田 当社は、もともとジュエリー販売を事業の中心にしてきました。そのお得意様から、AGEの危険性を教えていただいたのがきっかけです。私は中学から大学まで柔道に打ち込んでいたこともあり、健康には大変興味を持っていたんです。AGEについて勉強を重ね、一般社団法人AGE研究協会認定講師の資格を第1期生として取得しました。
 
川﨑 僕も健康には気を使っているつもりです。でも、AGEの詳しい知識は持っていなくて・・・。改めて、AGEとは何なのか教えていただけますか。
 
益田 人間の体は糖をエネルギー源として活動しています。この糖が体内でタンパク質と結び付き、体温で温められると糖化現象を起こすんです。糖化したタンパク質は劣化が進み、中間代謝物の状態では、正常なタンパク質に戻る可能性もありますが、AGE化したタンパク質は、もう元に戻ることができません。この劣化したタンパク質がAGEと呼ばれる終末糖化産物なんです。
 
glay-s1top.jpg
川﨑 AGEは、体内にどのような影響を及ぼすのでしょうか。
 
益田 シミやシワの原因となり、見た目の老化を早めるのはもちろん、動脈硬化や糖尿病など、万病の元になるのがAGEなんですよ。東洋医学では、病気として現れていなくても、体内で悪い状態が続いていることを「未病」と言います。未病が長期間続くと、ある時点で心筋梗塞や脳梗塞などを発症することになる。AGEはその原因となる物質ですね。
 
川﨑 それほど影響のあるものだったんですね。体内にAGEを溜めないためには、どうすればいいのでしょう。