B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 東京都出身。9歳の時にプロ選手を夢見て地元の少年サッカーチームに入団。高校在学時に地元クラブチームに所属し、その縁で卒業と同時にブラジルへサッカー留学をして1年半後に帰国。社会人サッカーを経て、23歳で単身オーストラリアへ渡り、ニューサウスウェールズ州リーグ3部のクラブチーム「Stanmore Hawks」と契約する。引退後は日本にて一般企業に就職し社会経験を積み、2015年に日豪フットボールアクションを設立。自身の経験を元にプロを目指す若者たちをサポートしている。【ホームページ
 
 
 
世界で戦うサッカー選手を目指すには、サッカーのテクニックのみならず、英語でのコミュニケーション能力が不可欠となる。そこで語学学習も組み合わせたオーストラリアへの留学プログラムを提供しているのが、日豪フットボールアクションだ。代表の小林卓氏は自身がプロ選手を目指して留学していた経験から、様々なプログラムを展開。本格的にサッカーを楽しみたい人からプロ契約を目標とする人まで、一人ひとりに合わせた手厚いサポートを行っている。そんな同社の小林代表に、サッカー元日本代表の城彰二氏が話を聞いた。
 
 
 

個々の目的に合わせたサッカー留学を斡旋

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
城 日豪フットボールアクションさんは、海外留学の斡旋を通じて、プロのサッカー選手を目指す若者をサポートされているそうですね。
 
小林 はい。弊社はプロを目指す人やサッカーを通じて現地の方と英語でコミュニケーションを取りたい人などを対象に、オーストラリアへの留学を斡旋しています。サッカートレーニングはもちろん英語の学習支援など、個々の目的に応じたサポートを行っているのも特長です。
 
城 確かに、海外でサッカーをやりたいなら英語は不可欠ですし、サッカー用語だけでなく、英語の基礎をしっかりと学んでおけば、セカンドキャリアを含め将来の可能性も広がりますよね。そうした中で、留学先をオーストラリアに絞られたのは何か理由があるのでしょうか。
 
小林 実は私自身、プロを目指してブラジルとオーストラリアに留学した経験があるんです。高校卒業後にブラジルへ1年半留学し、帰国後は社会人サッカーチームに所属して、23歳でオーストラリアへ渡りました。2006年のことなので、今からちょうど10年前になりますね。
 
城 ほー、プロを目指して留学をされていたんですね。サッカーを始めたのはいつですか?
 
小林 小学3年生からです。その頃からプロになる夢を抱いていました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事