B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 京都府出身。学生時代はアメリカンフットボール部で主将を務める。練習時に腰を痛めた際に施術を受け、施術師の職業に興味を持つ。卒業後は一般企業に入社。だが、施術師になるために退職し、施術院に就職する。ノウハウを学び、独立して蔦心施術院を開院した。自然治癒力活性化法を利用した独自のトータルヘルスケアに加え、女性向け痩身施術やスポーツマン、受験生向けの施術サポートも手がけている。【ホームページ
 
 
 
現代人の体はあらゆる問題を抱えている。生活習慣からくる骨格の歪み、自律神経の乱れ、睡眠の質の低下。そんな体のトラブルを、根本から改善するのが、蔦心施術院の蔦本欽也代表だ。骨格・内臓・神経をトータルで整え、自然治癒力を高める独自の施術と、一人ひとりの生活スタイルに合わせたアドバイスで、いつまでも健康で暮らせるように導く。そんな蔦本代表のこれまでの歩みと、施術へのこだわりに迫った。
 
 
 

施術とアメフトに出会った学生時代

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 蔦心施術院の蔦本代表は、学生時代はアメリカンフットボールをされていたそうですね。私もアメフトは大好きです! ポジションはどこだったんですか?
 
蔦本 オフェンスを担当するラインですね。一番熱くなれるポジションでした(笑)。
 
タージン やっぱり! 体格を見てラインじゃないかと思いましたよ。あのポジションは体格が良くて大きい人が務めるのがセオリーですからね。何がきっかけでアメフトを始めたんですか?
 
蔦本 大学の入学式のときにアメフト部の勧誘を受けたのがきっかけですね。しかし、入部してから腰を痛めてしまい、練習ができなくなったんです・・・。たまたま母が施術院に通っていたので、そこで施術を受けました。そのときに担当してくれた先生が、後に私の施術の師匠になる人だったんですよ。
 
タージン それが施術の道に進むきっかけに?
 
蔦本 「施術ってすごいな」とその世界に魅せられたのは確かです。しかし、当時は目指す気はありませんでしたね。ただ、アメフトを4年間続けられたのは、先生の施術をずっと受けていたからです。本当に感謝しています。
 
タージン アメフトを通じて得られたと感じることはありますか。
 
蔦本 1年生のときの過酷な合宿を耐えぬいたことで、強い精神力が養われました。そのおかげか、4年生で主将に抜擢されまして。しかし練習に打ち込み過ぎて、今度は歩くこともままならないぐらい腰を痛めてしまったんですよ。主将なので練習を休むわけにもいかず、精神的に、かなり追い詰められましたね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事