B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 神奈川県出身。内装業を手がける(有)インテリア城を経営する父親のもとに生まれる。学生時代はファッションデザイナーを目指して留学を考えていたが、父親が病を患っていたことから家業を継ぐことを決意。次第に職人としての技術力が顧客から認められるようになり、仕事の幅が広がっていく。積み上げた自身の経験を生かして、中古住宅のリノベーションをメインとした事業に拡大。2014年に(有)リクレへと社名を変更した。【ホームページ
 
 
 
中古物件のトータルリフォームからインテリアのコーディネートまで手がけ、顧客の“理想の住まい”を叶えている有限会社リクレ。同社の2代目を務める金城利也代表取締役は、先代が築いてきた信頼や技術を礎としながらも、「定額プラン」などの独自のサービスによるリフォームで顧客を増やしている。住まう人の思いを大切にするだけでなく、業界の未来にも目を向けた事業を展開しようとする金城社長に、自身の考えを語ってもらった。
 
 
 

父の背中を見て育った20

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川村ゆきえ (タレント)
川村 トータルリフォームや新築施工を手がけられているリクレさん。こちらは金城社長のお父様が始められた会社だとお聞きしました。その頃から、今の事業をされていらっしゃったのですか?
 
金城 いえ、父の代には内装しか手がけていませんでした。私が建築士の免許を取得してから、トータルで建築業に携わるようになったんです。実は、私も父も最初からこの業界を目指していたわけではありません。父に至っては、一企業の役員まで務めていながら退職し、30歳を過ぎてから職業訓練校に通って職人になったという経歴を持っています(笑)。
 
川村 それはすごい! かなり思い切った選択をされたんですね。役員まで務めていれば収入も安定しているでしょうし、一般の方ならポストから離れたくないと思いそうですが・・・。
 
金城 そうですよね。ただ父の場合は、会社が大きくなるにつれ、派閥が生まれることに疑問を感じていたようでした。マネジメントをしていただけあって、人を見る目にはかなり長けていましたし、商売とはこうあるべきだ、という理論をしっかりと持っている人ですから、それを曲げられるのが嫌だったのでしょうね。
 
川村 そんなお父様の跡を継いで、社長として就任された金城社長は、もともとどういった職業を目指されていたのでしょう?
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事