B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

全ての人の幸せを願う
訪問看護ステーション

 

いつまでも現場に出続けたいと独立を決意

 
杉田 薬の管理以外にも様々な会話をして、利用者さんやご家族の心を開いていくことが大事なんでしょうね。
 
glay-s1top.jpg
臼田 はい。外に出られない利用者さんと粘り強く人間関係を築き、「ちょっと散歩に行ってみようか」と外出をうながすことも。そうした支援を繰り返すうち、ご家族から「うちの子が、1人でコンビニまで買い物に行ったんですよ!」などと、ご報告をいただくこともあります。そんなときは、この仕事をして良かったなと思いますね。
 
杉田 臼田社長が看護師になり、訪問看護の会社を立ち上げるまでのキャリアについて、教えていただけますか。
 
臼田 私は看護師に憧れて病院で助手として働いていました。でも、結婚を機に家庭に入ってからはずっと専業主婦だったんです。その後、子どもが成長して手がかからなくなったのをきっかけに准看護師の資格を取り、精神科の病院で働くようになりました。
 
杉田 第2の人生にチャレンジ! というわけですね。精神科を選んだのは、なぜだったのでしょう。
 
臼田 看護学校の精神科の先生が、すごくいいドクターだったんですよ。そのおかげで精神科の成績だけはいつも満点でした(笑)。また、精神科の病院へ実習に行き患者さんとふれあっていく中で、看護職でもっとも難しい部類に入る、コミュニケーションを大切にする精神科の仕事に就きたいと思ったんです。その後、改めて看護学校に通って正看護師の資格を取り、精神科に特化した訪問看護ステーションを運営する会社に入社しまして。そちらでは後に役員になり、経営のノウハウなども学びました。そうやって経験を積んだ結果、独立を決意したんです。
 
glay-s1top.jpg
杉田 役員まで務めたのに独立することを決意したというのはすごいです。何か自分を後押しする思いがあったのでしょうね。
 
臼田 部下を持つ立場になり、私自身が利用者さんを訪問する機会が少なくなってしまった。それが残念だったんです。そのため、自分の思い描いている理想の訪問看護をしてみたいという考えになりました。
 
杉田 いつまでも現場に立ち続け、精神の病と闘っている人を助けたい。そんな気持ちが臼田社長を動かしたというわけですか。現在、スタッフさんは何名くらい?
 
臼田 私を入れて看護師が3名。他に、精神障害援助のプロである精神保健福祉士が1名在籍しています。
 
杉田 精神科のことなら何にでも対応できる専門家がそろっているのは頼もしいですね! 利用者さんも安心だと思いますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事