B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン アザーズさんは「セントウェーブ」という商品を販売されているそうですね。
 
村松 はい。世界一のシェアを誇る、アメリカの香り専門企業・セントエアー社が開発し、国際特許を取得した芳香器です。アザーズはその販売のお手伝いをさせていただいています。
 
タージン 国際特許とはすごいなあ! どういった点が他の商品とは違うんですか?
 
村松 香りの種類は150種以上。香り濃度や風量の調整、タイマー機能があり、芳香面積は185㎡を誇ります。また、フレグランスは蝋化した乾式のカートリッジですので、交換時に手を汚すこともなく衣類や食品にも香りがつきにくいんですよ。この技術は、国際特許を取得しています。オプションでオリジナルの香りも作成可能です。
 
タージン しかもデザインがオシャレでコンパクト! 片手に乗せられるくらいです。
 
村松 タージンさんも知らないうちに、セントウェーブの香りを体感なさっているかもしれませんよ。各種店舗やホテル、医療施設、フィットネスクラブなど、世界105ヶ国、8万ヶ所以上で導入されていますからね。例えば、ある一流ホテルチェーンは、専用の香りをつくり、全てのホテルに設置しています。つまり、香りでブランディングしているわけです。
 
タージン 香りって目に見えないけれど、お店の印象を決定づけますし、記憶に残ります。ある香りを嗅ぐと、以前嗅いだときの感動なども蘇りますから、ホテルやレジャー施設には最適ですね。
 
glay-s1top.jpg
村松 他にも、あるコーヒーチェーン店では、コーヒーの香りをご使用いただいています。
 
タージン えっ! コーヒー店でコーヒーの香りを?
 
村松 はい。一般的に厨房には換気扇があるのでコーヒーの香りが客席に届きませんよね。だからセントウェーブでコーヒーの香りを漂わせることで、リラックス効果を生み出したり、食欲を刺激したりするわけです。実はパティスリーやテーマパークのポップコーン売り場などでもセントウェーブを採用し、それぞれの香りで、集客につなげているところもあるのです。
 
タージン 私もおいしそうな香りにつられてお店に入ったり、注文を増やしたりします! 人の心理を左右する香りを意図的に操作できるのがセントウェーブなんですね。
 
村松 その通りです。香りはブランディングや集客に大きな効果があり、他社との差別化を図れるアイテム。また、職場に設置することで社員のやる気をアップさせたり、歯医者さんでは甘い香りでお子様を安心させたりと、その用途は無限大です。