B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 大阪府出身。配管工事を営む(株)村上工業の長男として生まれた。高校生の頃からアルバイトで、同社を運営する父、明久氏の仕事を手伝い、社員となってからも右腕として働く。当初は悩むこともあったが、現場仕事をこなすうちに配管業のやりがいを覚え、2代目就任を決意。2015年7月に取締役社長に就いてからは会長となった父の助けも借りながら真摯な仕事ぶりで顧客からの信頼を確保。会社の船頭として活躍している。
 
 
 
配管工事を手がける株式会社村上工業は少数精鋭の設備工事会社だ。同社の社員は家族であるからこそ、「身内同士だから許されるだろう」という甘えのある仕事は一切しない。社訓である「鬼の十訓」を胸に、それぞれが責任を持って細部まで配慮の行き届いた作業を全うしている。家族として、プロの職人として、公私ともに補完し合う社内の関係性は、家族で経営することの素晴らしさを経験したことない人にとっては、新鮮な魅力に感じられるだろう。
 
 
 

ビルから工場まであらゆる配管を請け負う

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 村上工業さんは配管工事なら何でもござれの設備工事会社だそうですね。下町育ちの私は、こうしたアットホームな雰囲気の会社にお邪魔すると、何だか懐かしさを覚えます。お父様の明久さんが会長、長男の亮さんが社長、次男の佑さんは工事主任と聞いています。
 
村上(明) 2015年7月に代替わりをしました。家人の森本育子や、今日は体調を崩しており不在ですが、甥っ子で工事部長の坂元心も一緒に働いています。
 
タージン 心さんがいないのは残念ですけど、みんなでお話しを盛り上げていきましょう! それにしても皆さんお若いですね。
 
村上(亮) 今年2016年で、私が24歳で佑が22歳。心は23歳です。
 
村上(明) 干支が申、酉、戌と並ぶので、まるで桃太郎だと言われます(笑)。私はもう50代ですけどね(笑)。
 
タージン 50代ならまだまだ現役が務まる年齢です。明久会長が後ろに控えてくれていると、亮社長もさぞかし頼もしいでしょう!
 
村上(亮) 2代目の重圧もありますけど、父にすぐそばで支えてもらえていることが心強いですね。10代から現場の手伝いで見てきた父の背中に、今は早く追いつきたい一心です。
 
タージン 10代で現場に出ていたのでしたら、年齢以上にキャリアは積まれているわけですよね。それなら早い時期での世代交代もうなずけます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事