B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 大阪府出身。学業修了後、(株)リクルート(現リクルートホールディングス)に入社し、人材採用の営業職に就く。様々な経営者との出会いを通じて経験を積み、コンサルティング会社に転職した。そうした日々の中で、使命を持ち「本当に思いが共有できる共感協働組織」をつくるためのメッセージを世に発信したいと強く意識するようになり、起業を決意。2015年に(株)NextMessageを立ち上げた。【ホームページ
 
 
 
企業コンサルティングや事業継承支援で中小企業を応援する、株式会社NextMessage。代表取締役の田辺弘記氏は、かつて取引先企業の経営者が自殺した経験や、父親の死から大きな学びを得て独立を決意。企業理念と社員の信念を一つに紡ぐ支援を業務とすることで、事業を通じて誰もが持つそれぞれの幸せが循環する世界の創造を目指している。その使命の実現に向け田辺社長は語る。「ぬくもりのある幸せが循環する環境をつくりたい」と。
 
 
 

大きなきっかけとなる20代

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 原田龍二(俳優)
原田 企業の人と組織のコンサルティング事業を手がけるNextMessageさん。今年2016年5月に1周年を迎えるそうですね。田辺社長は大阪のご出身と聞いています。
 
田辺 はい。大阪でリクルートに入社して、求人広告の営業職をしていました。その後、コンサルティング企業に転職して経験を積み、東京で当社を起業したんです。
 
原田 起業するきっかけとなった出来事などは、あったのでしょうか。
 
田辺 最初のきっかけはリクルートに勤めていた25歳の時でした。入社した新人の頃に求人広告を発注してくださって以来付き合いのあった経営者の方が、自ら命を絶ってしまったんですよ。それも私と面会した日の夜にです。
 
原田 えっ!? それはショックですね・・・。
 
田辺 お付き合いを始めて3年ほど経過していて、飲みに誘われるなど可愛がっていただいた方なんです。亡くなった日も、夜に飲みに行く約束をして別れたのですが、急に私の都合が悪くなりキャンセルさせていただいたんです。そうしたら・・・。
 
バリューシェアリング合宿。各々の人生を編集し、信念を明確に
顧客企業の経営者とNextMessageで理念を構築する合宿も実施
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事