B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 鹿児島県出身。農業に励む父親の姿を見る中で、人付き合いの大切さや仕事のおもしろさを教えられながら育った。社会に出てからは飲食業や不動産業を経験し、(株)MLS に入社。2015年に約70年リネンサプライ事業を展開してきた同社の変革を担い、代表取締役に就任した。生産性を上げるための環境づくりとして、挨拶運動から取り組みを開始。社員同士の相互理解の向上に努めている。【ホームページ
 
 
 
リネンサプライとは、布団カバーや浴衣、タオルなどを契約先から回収し、洗濯して再納品する事業のこと。株式会社MLSは、1951年創業のクリーニング店からスタートし、常に業界の最先端を走ってきた企業だ。2015年には、さらなる進化を遂げるべく、西村洋市氏が代表取締役に就任した。以来、工場の雰囲気を大改善。一体、何が起こったのか。そして、「人や仕事を好きになればうまくいく」という人生哲学のルーツとは?
 
 
 

約70年、リネンサプライで業界をリード

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部美穂(タレント)
矢部 エムエルエスさんは、ホテルや旅館、飲食店などにリネンを貸し出しする「リネンサプライ」を行っておられるそうですね。あまり耳慣れない言葉なので、詳しく教えてください。リネンとは布団のカバーやシーツのことでしょうか。
 
西村 枕カバー、浴衣やガウン、タオルなども含みます。それらのリネンをご契約先に貸し出して回収し、自社工場で洗濯仕上げをして納品するのが、弊社の事業なんですよ。他にもランドリー、業務用寝装品の販売・リースなどを展開しています。
 
矢部 宿泊施設や飲食店は、様々なリネン商品を全て、MLSさんに委託できるんですね。何でも創業以来、2016年でおよそ70年の歴史がおありだとか?
 
西村 はい。弊社は1951年10月に松原クリーニング店としてスタートしまして。その後、最新の連続洗濯機や大型乾燥機を導入し、工場の拡大や増築も行い、業界のパイオニアとして成長を遂げてきました。そして2015年、私が代表取締役に就任したという経緯です。会社のさらなる進化およびお取り引き先様のために、頑張っていきます。