B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

信頼の「営業倉庫」で
物流に付加価値を!

 

病床で独立を考え周囲の支えで2度目の起業

 
吉井 スタッフの方も、みんな一緒に移ることができたのですね。しかし、高橋社長としては複雑な気持ちがあったでしょう。
 
glay-s1top.jpg
高橋 まあ、そうですね(笑)。ただ、それは最初のうちだけでした。大手企業に入ってみると、考えなければならないことや、やらなければならないことが山ほどあると気付いたんです。自分で会社を経営しているときは、自社という狭い範囲のことで悩んでいればそれでよかった。しかし会社の規模が大きくなれば、事業所の開設や人事など、様々な課題を対処しなければなりません。
 
吉井 経営者でいるときと、大きな組織の一員であるときでは、見えるものが違ってくるのかもしれませんね。
 
高橋 おっしゃる通りです。特に私は経営の勉強をせずにいきなり起業しました。振り返れば、最初に独立したときの自分は甘かったと思いますね。
 
吉井 それから2度目の独立までに、どのような経緯があったのでしょう。
 
高橋 在職中、最終的には営業部門のトップとなり、顧客の新規開拓や物流拠点のネットワークづくりなどに奔走しました。その後会社を退職し、2014年からあるグループ企業傘下の物流会社で代表取締役を務めていたんです。ところが昨年の2015年9月、ようやく会社が軌道に乗ってきたところで大病を患い、2ヶ月間も入院することになりました。当初は原因も治療法もわからなくて。そのまま代表でいると会社に迷惑をかけてしまうと思い、いろいろと悩みましたね。そこで、思いきって再び起業することにしたんです。
 
様々な荷物や資材を預かり“付加価値”を付けて返す
吉井 それは大変なご経験をされましたね。しかし、起業するといっても1人の力では難しそうです。
 
高橋 私の場合、周囲の方々に支えられてできた独立なんです。お付き合いのあったメーカーの部長さんなど、大勢の方が病院まで見舞いに来てくれて「倉庫業で独立しようと思っている」と話すと、全面的にバックアップしてくださいました。荷物を預けてくださるだけでなく、この社屋や倉庫も、元はある上場企業さんの施設だったんですよ。たまたま空いているということで、その言葉に甘えて使わせていただいています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事