B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 東京都出身。大学卒業後、野村證券に入社。取引のあった若手経営者が次々と企業を成長させていくのを見て、起業の思いを抱く。修業をさせてもらえる企業を探すべく、何社かにプレゼンテーションを行い、協力を申し出てくれた(株)アップガレージに入社。同社で自動車やバイク用品に特化した販売サイト「Croooober」を立ち上げ、2015年に(株)ZERO TO ONEを設立、独立を果たした。【ホームページ
 
 
 
心地よいエキゾーストノートが響くマフラー、デザイン性に優れたホイール、内外装のデコレーション・・・。純正仕様と異なる車に乗りたい、ドレスアップしたいというカーファン・バイクファンに人気のECサイト「Croooober」。運営元である株式会社ZERO TO ONEの河野映彦取締役社長は、「車・バイクのカスタムパーツは日本の文化」と胸を張る。河野社長の読み通り、同社のサイトは世界中で閲覧され、高品質なパーツを国内外に送り出している。
 
 
 

車好き、バイク好きを魅了するECサイト

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 相原勇 (タレント)
相原 ゼロトゥワンさんではIT関連の事業を手がけておられるとうかがっています。具体的にはどのような内容なのでしょうか。
 
河野 車やバイクに特化したECサイトを運営しています。カスタム文化を世界規模で応援していく車好き・バイク好きのためのサイト「Croooober」をはじめ、新品のバイクパーツやライディングウエアを中心に扱う「シードダイレクト」、新品の自動車パーツを中心に扱う「Croooober Shop」といったサイトがあります。
 
相原 加えて、スマートフォンのアプリも開発されているそうですね。これも車に関連したものでしょうか。
 
河野 はい。「ホイールバーチャルフィッティング」と言いまして、お客様がご自分の愛車に合わせて様々なホイールの試着ができるアプリです。通常、ホイールを購入する際にはご自分の車を頭に思い浮かべながら選ぶしかありませんが、「ホイールバーチャルフィッティング」なら装着した状態をバーチャル画像で見ることができます。
 
相原 ホイールで車の印象ってずいぶんと変わります。装着してから「あれ? イメージが違うな」なんてことになったら、似合わない服を着続けるようなもの。便利なアプリですね!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事