B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

40年以上の歴史を誇る
手づくり酵素飲料の老舗

 

栄養士の知識を活かしさらなる進化を目指す

 
160210_k2570_g02.jpg
杉田 先程「新商品へのヒント」とおっしゃいましたよね。もしかして、酵素飲料の他にも新たな構想をお持ちなんですか?
 
森田 はい。私はこれまで管理栄養士としてクリニックで健康な人への保健指導、病気の予備群の人への食事アドバイスをしてきました。その知識と経験を活かしなら、飲料だけでなく、“食べられる酵素”の開発を行っていきたいと考えています。
 
杉田 食べられる酵素って、いいですね。それに、お爺様の医学とお父様の農学の知識に、さらに森田代表の管理栄養士としての知識が加わり、新たな酵素の商品が生まれるっていうのも素敵だなあ。
 
森田 健康寿命をのばすローフードにも活かせると思っているので、そちらにも力を入れていきたいですね。また、酵素の効能を実証するために各種検査で裏付けをとっていきたいとも考えています。酵素飲料を飲んだ人と飲んでいない人を比べ、腸内細菌にどれくらい差があるかなどを調べていくんです。
 
杉田 酵素飲料を飲んで、多くの方が元気になっているのは間違いないでしょう。そういった実例に加えて、科学的に数値で証明されると、より説得力が増しますね。
 
森田 ありがとうございます。その他、現在は1200mlの大瓶サイズでしか販売していないので、高齢者の方でも持ち運びしやすいサイズも検討中です。
 
杉田 お客様目線で、よりよい商品にしていくという森田代表の考えは素晴らしいですよ。その森田代表のお仕事の原動力は、どこにあるのかぜひ、教えてください。
 
160210_k2570_d02.jpg
森田 やはり、お客様の声が何よりの原動力ですね。メールで注文できる時代ですが、第一酵素プロダクツでは電話での注文を基本としているんですよ。
 
杉田 なるほど! ボトルのサイズダウンなどの発想も、そういったお客様との会話の中で浮かんできたものなんですね。
 
森田 そうなんです。お客様に喜んでいただくためにどうすればいいかを常に考えるようにしています。
 
杉田 考えてみれば健康食品や化粧品なんかでも、40年以上の愛用者がいるというものは、ほとんどありません。第一酵素プロダクツの酵素飲料を、多くの方が40年以上も変わらず飲み続けられているというのは、商品の素晴らしさはもちろん、お客様との心のつながりを大切にされてきたことも大きいと感じます。これからもぜひ、その志を大切にしながら、皆様の健康に貢献できる、おいしい酵素飲料などをつくり続けてくださいね。 
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お客様の声を聞くことこそ、仕事の原動力。「やっていて良かった」「もっとやっていこう」という気持ちと行動につながります。
(森田里沙)
 
 :: 会社概要 :: 
   ■ 社名 株式会社第一酵素プロダクツ
 ■ 本社 〒267-0061 千葉県千葉市緑区土気町 1679
 ■ 事業内容 酵素飲料の製造・販売
 ■ ホームページ http://www.daiichi-kouso.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事