B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 埼玉県出身。高校卒業後は大手運送会社に就職。その後、人材派遣会社に転職して営業職に就く。営業所の責任者に抜擢され責任者になるが、会社の方針に疑問を抱いて退職、靴下製造会社に移った。商品の企画から製造・受発注・販売などのノウハウを得る。退職後、起業して中国とのネットワークや国内での販路を広げ、2011年に(株)エヌティを設立した。江蘇張氏紡績有限公司と無錫芳悦国際貿易有限公司、2社の中国法人を持つ。【ホームページ
 
 
 
めまぐるしくトレンドが移り変わるアパレル業界では、商品の企画から店頭に並ぶまでの期間が短いことも珍しくない。そうした短期間の製造現場では品質の低下が懸念されるが、靴下などの衣料品企画製造輸入を手がける株式会社エヌティでは、徹底した品質管理を行い、安全で品質の高い商品を製造。ニーズに応じて取引先の店舗に直接納品し、生産から納品までのスピードを高めると共にコストダウンを実現している。
 
 
 

先を見通しトレンドを仕かける

 
151216_k2498_g01.jpg
インタビュアー 鶴久政治(ミュージシャン)
鶴久 こちらにディスプレイしてあるのがエヌティさんの製品ですか。ソックス、マフラー、レッグウォーマー・・・。おっ、このマフラーは私好みだなあ。
 
富田 現在店頭に並んでいるトレンド商品です。ただ、来年の同じ時期には異なるデザインが流行りますので、今から新しいデザインを考えているところです。
 
鶴久 アパレルはトレンドの移り変わりがめまぐるしいから大変ですね。富田社長は前職でもこうしたお仕事に就かれていたのですか。
 
富田 はい。靴下製造会社に勤めておりました。それ以前は人材派遣業界におりましたが、前職でアパレル業のノウハウと醍醐味を学んだんです。
 
鶴久 ほぅ、どういったところに醍醐味を感じられたのでしょう?
 
富田 株取引のように、先を読む力が必要になるところです。例えば、主力に据えた商品が思ったように売れず、逆に「冒険だ」と割り切った商品がヒットしたり、その冒険商品を増産した途端、売れ行きが止まったり。商品企画は相場を読むようなものですよ。 
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事