B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 埼玉県出身。独立前は食品流通を手がける長野の会社で、30年近く販売部門に勤務。その中で在庫管理に携わった際に、整理整頓と衛生の重要性に気付く。スポーツインストラクターの妻と、ゆくゆくは2人で何か仕事ができたらという話をしていたこともあり、2014年に独立。健康と掃除に共通点を見出したことから実店舗を持ち、お互いの仕事に相乗効果が出る業態を目指している。【ホームページ
 
 
 
埼玉県川越市のハウスクリーニング店、おそうじ本舗本川越駅前店。代表の長谷川惠彦氏は、30年程食品流通会社勤務を経て独立開業。スポーツインストラクターの妻と助け合いながら仕事に取り組んでいる。ハウスクリーニングの個人事業ではまだ少ない実店舗を構えたスタイルも、掃除と健康づくりに共通点を見出したからだ。常に笑顔を絶やさず、人と人とのつながりを大切にする長谷川代表。口コミで評判が広まる秘密をうかがった。
 
 
 

実店舗で安心感のあるハウスクリーニング

 
151202_k2467_g01.jpg
インタビュアー 吉井怜(女優)
吉井 一般家庭のハウスクリーニングや、マンション・アパートなどの原状回復クリーニングをされている、おそうじ本舗 本川越駅前店さん。実店舗を構えていらっしゃる会社は、業界でも珍しいのではないですか?
 
長谷川 そうかもしれませんね。これには、私の妻がスポーツクラブのインストラクターをしていることも関係あるんです。
 
吉井 ええ、どういうことでしょう。
 
長谷川 お掃除は体が元気でなければできませんよね。人間は年をとって体力が落ちると、掃除をするのが億劫になってしまいます。80歳になってもスポーツクラブに通って体を鍛えているような方は、私たちに掃除を頼まなくても済むんですよ(笑)。実店舗を構えれば、掃除を依頼をすると決めていなくても気軽に入れるので、掃除のことだけでなく健康づくりのご相談に乗ることもできる。2016年の春からは妻も当店と同じ建物内でフィットネス教室を開きますので、より大きな相乗効果があるでしょうね。
 
吉井 なるほど。私の両親は60代ですが、母はもう換気扇など高い所の掃除は疲れると言います。いつまでも健康であれば楽しみながら掃除ができますし、暮らしに活力も生まれますよね!
 
長谷川 若い人なら簡単な掃除でも、お年寄りには1週間かかることもありますからね。体力の維持や、怪我をしにくい体を保つことは大切です。 
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事