B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ニーズに応えて信頼獲得
全社一丸で営む運送業

 

全社一丸となって仕事に取り組む

 
 自分に課された業務以外のことをしたがらない人って世の中には多いですよね。御社の従業員の皆さんは絆が強いと思います。ヘルプに行くことを当たり前だと思えるんですから。まるでファミリーのようです。
 
仲松 そう言っていただけると嬉しいですね。お客様と話をしている時も、当社のドライバーのことを褒めていただくことがありまして、そう言っていただくことが私にとってのやりがいになっています。そして、頑張ってくれているみんなに対し、何か恩返しがしたい。そう思っていますので、当社では業界水準より、若干報酬を高く設定しているんです。給料だけが全てではないですが、生活が安定すれば気持ちも安定しますからね。
 
 今はどこの業界でも人手不足が問題となっています。待遇は定着率と密接な関係にありますから、とても意義のあることだと思いますよ。現在、従業員は何名いらっしゃるんです?
 
150805_k2323_d01.jpg
仲松 先代の頃には25名程度でしたが、今は70名弱に増えました。
 
 3倍近いじゃないですか! 先代の築いた礎に上積みができているのは、仲松社長ご自身の努力の賜ですよね。具体的に、ご自身の代で始めた事業があれば教えてください。
 
仲松 最近では、これまで運送と搬入だけしていた住宅設備関連の仕事で、設備工事を行う職人を2名雇用しました。と言うのも、荷物を運搬するだけでなく、運搬から施工までを当社で担うサービスを始めたからです。これは、「運送会社が施工までしてくれれば、依頼する窓口が1つで済むから助かる」というお客様のニーズから生まれた事業です。まだスタートから間もないですが、このワンストップサービスを確実なものにすることで、今以上にお客様のニーズに応えられると考えています。
 
 顧客のニーズに対応するための努力を怠らない。その姿勢が信頼関係の維持向上につながるんでしょうね。お話を聞いていて御社の今後には、ますます期待が持てそうだと思いましたよ。
 
仲松 ありがとうございます。先代はお客様の要望に対して「できない」と言わない人でした。断るのは簡単ですけど「こうしたらできるのではないか」と考えて、まずはできることからやってみる。私自身もそういう気持ちで、お客様が「してほしい」と思ったことを実現し続けるのが夢です。あともう1つ夢があって、両親が生まれ育った宮古島に、社員や弊社に関わる全ての方に気軽に足を運んでもらって遊べる施設をつくり、宮古島だけでなく弊社の従業員にもお客様にも、恩返しをしていきたいと思っています。夢の実現に向かって、これからも従業員のみんなと力を合せて頑張りたいですね。
 
 厳しい経営環境の中で力強く事業を運営している御社には感銘を受けました。これからも頑張ってください! 
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
人から感謝をされて嫌な気分になる人はいませんよね。「ありがとう」と言ってもらえるためにはどうすればいいのか――。それを考えて仕事をするのが、楽しむコツだと思います。
(仲松秀樹)
 
 :: 会社概要 :: 
   ■ 社名 株式会社大松運輸
 ■ 本社 〒245-0053 神奈川県横浜市戸塚区上矢部町字八幡谷1923-2
 ■ 横浜事務所 〒236-0003 神奈川県横浜市金沢区幸浦2-14-2
 ■ 平塚事務所 〒254-0012 神奈川県平塚市大神字上枝78-2
 ■ 事業内容 運送業
 ■ 創業 昭和48年2月
 ■ 従業員数 70名
 ■ 主な取引先 株式会社サンエイ/カメイ株式会社 他 
 ■ ホームページ http://www.t-daimatsu.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事