B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ニーズに応えて信頼獲得
全社一丸で営む運送業

 

父の偉大さを知り後継を迷う

 
150805_k2323_g02.jpg
 では、牧場を辞めた後、この会社へ入られたと。
 
仲松 入るには入ったんですが、父と折り合いが悪くなって飛び出してしまったんですよ(笑)。
 
 確かに、実の親子が一緒に仕事をするとなると、大変なこともあるでしょうね。僕の父親も土木建設業を営んでいたので、なんとなく気持ちはわかります。
 
仲松 父が偉大すぎたんです。もちろん、ワンマンぶりに反発したこともありますが、1人で事業を立ち上げ、従業員を養いながら自らもトラックに乗り、お客様ともスムーズにやりとりしている。そんな父を見ていたら、とてもかなわないという気になったんです。いずれ会社を継ぐことになった場合、同じことを求められても自分にはできないだろうと。
 
 なるほど。若い頃は父親の背中が大きく見えるものですが、先代がやり手の経営者だっただけに、余計に大きく見えたのですね。
 
仲松 はい。その後、ペット関連の商社に就職し、さらに転職をして、建具屋の仕事を一生の仕事にしようと決めたところへ、「引退するから家業を任せたい」と父から声がかかりました。
 
 お父様は最初から後を継いでほしかったんでしょうね。僕もプロサッカー選手になる時、父親に「プロスポーツなんて甘いもんじゃないぞ。俺の会社を継いだっていいんだぞ」と言われたことを覚えています。それまで、後を継ぐ話なんか一度もしたことがなかったのに。「本当は僕に会社を継がせたいんだな」と思いましたよ(笑)。
 
仲松 城さんなら後を継がれても成功されたと思いますが、当時の私は真剣に悩みました。
会社には古株の従業員もいるから、社長を務めたい人がいるのであれば、その人に任せたほうがいいのではないかと。息子とは言え、カリスマ性のない若造に従業員がついてくるとは思えませんでしたね。
 
 ためらうのも無理はないなぁ。僕もその立場ならきっと迷いますよ。
 
150805_k2323_t01.jpg
仲松 ただ、長年お付き合いのあるお客様からすれば、息子がいるのに後を継がせないのは逆に不自然に見えるようです。そういった会社としての対外的な信用もありますから、最終的には後継することを決めました。
 
 先代は引退をご希望だったとうかがいましたが、現在はどうしておられるのですか。
 
仲松 私に社長職を譲ると、沖縄に家を建ててさっさと移り住んでしまいましたよ(笑)。今も会長としてサポートはしてくれていますが、ありがちな「名ばかり社長」ではなく、実質的な経営の全てを任せてくれています。 
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事