B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 熊本県出身。大工であった父親の影響で、幼い頃より建築に興味を持つ。学校卒業後は別の仕事に就いたが、交通事故を機に自分と向き合い、大工になることを決意。父親の下で技術を身に付け、1988年に家業を発展させて(有)常栄建設を設立し、2004年に民家工房 常栄(有)に社名変更する。国産材を使い、昔ながらの工法で仕上げる注文住宅 「元(はじめ)の家」をブランド化し、全国の工務店に広げている。【ホームページ
 
 
 
「健康になりたい」と考える人の多くは食生活に気を遣っている。でも、それだけで健康になれるのか――? 毎日過ごすその家に、有害化学物質やカビなどは浮遊していないだろうか。「衣食住はセット」と語る民家工房常栄有限会社の山本常美代表取締役は、自社のブランド健康住宅「元(はじめ)の家」を追求する中で、食の安全を促す取り組みにも着手した。食生活を見直すことが住環境も見直すきっかけとなれば、と考えてのことだ。
 
 
 

有機栽培=健康食ではない!

 
150204_k2068_g01-2.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 本日は、環境と人に優しい木造住宅を手がける民家工房常栄さんにお邪魔しています。
 
山本 ようこそいらっしゃいました。石黒さんは「健康食」に興味をお持ちだそうですね。
 
石黒 そうなんです。モーニング娘。の時代は全く意識していなかったんですが、出産して母親になってから、子どものためにも健康でいたいと思うようになりました。それを追求したら「食」に行き当たったんです。
 
山本 なるほど。では、有機栽培にも関心が?
 
石黒 はい。ただ、ファームマエストロの資格を取る際に勉強したんですが、有機栽培って定義が曖昧ですよね。
 
山本 そう。例えばある農家さんが他人の所有する畑を借りて、化学肥料や農薬を使わない農法に取り組んだとします。しかし、別の方から借りた畑を使って有機栽培した野菜は、本当に「有機野菜」でしょうか?
 
石黒 自分が有機栽培にこだわっていても、去年までその畑で耕作していた人が農薬を使っていたら、今年つくった野菜にも農薬が影響してしまいますね。それって果たして有機なのかな?
 
山本 市販されている有機野菜は、そうした背景がわかりません。でも、みんな有機野菜とシールが貼られているだけで、良いものだと思い込んでいます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事