B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 埼玉県出身。高校卒業後、イタリアンレストランにアルバイトとして勤務。当初はホール希望だったが、人手不足だった厨房へ配属された。厳しい下積み時代を経てチーフシェフに。店長を任されてからはホールも担当し、接客業に必要なホスピタリティを学ぶ。2014年、満を持して独立しティラミス専門店「Aquila」を創業する。独創的な商品と、安定した高品質で、インターネット通販でのファンも多い。【ホームページ
 
 
 
一時のブームを経て、ティラミスは珍しいデザートではなくなった。だが、Aquilaのショーケースをのぞけば、そこに並ぶティラミスに驚くことは必然だ。ココアパウダーたっぷりの王道から、紅茶に抹茶、イチゴにマンゴーと、バラエティ豊かなティラミスは見ているだけでも飽きが来ない。国内産にこだわった原材料と、鍛え抜かれたシェフの腕がつくり出すおいしさは、今日も多くの人を魅了する。
 
 
 

王道から新感覚まで、ティラミスの自信作

 
141105_k1998_g01.jpg
インタビュアー 宮地真緒(女優)
宮地 すごくおいしそう~! アークイラさんはティラミス専門店だけあって、いろんな種類のティラミスを販売されているんですね。アールグレイに、ストロベリー、抹茶に季節のフルーツなど、初めて見ましたよ。
 
 ティラミスのベースとなるマスカルポーネや生クリームにそれぞれ異なる味付けをしているんです。原材料は国産のものを用いた、どれもこだわりの一品ですよ。
 
宮地 全てがおすすめ商品なんですね。どれを食べればいいのか迷っちゃう(笑)。
 
 どうぞ、お好きなだけ召し上がってください(笑)。
 
宮地 ではお言葉に甘えて・・・。やっぱり思った通り! スタンダートもイチゴも抹茶も、全部おいしい~! 特に、食感が新鮮です。この土台がタルトになっているのも、味を引き立てますね。
 
 一般的なティラミスではスポンジを用いるのですが、私個人としては水分で柔らかくなり過ぎちゃうのが嫌で、タルト生地にしたんです。
 
宮地 タルトのサクサク感がとろりとしたマスカルポーネの食感の良いアクセントになっていますよ。それに、この器も可愛いです!