B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

最高の技術力で
真心溢れる歯科治療

 

最高の治療をリーズナブルな価格で

 
141105_k1959_ex02.jpg
3階は明るく爽やか。2階と異なる魅力が溢れる
藤田 また、新しい技術を使いこなせる優秀なスタッフがそろっているおかげで、日々進歩する技術を柔軟に取り入れて、治療に当たれていることも大きいと思います。新技術の例をお見せしましょう。例えば矯正で使用するこのワイヤーは最新の形状記憶のものです。ちょっと触ってみてください。
 
川上 どれだけ曲げてもキレイに元の形に戻るんですね。すごい!
 
藤田 普通のワイヤーは歯の凸凹にセットした時点で永久変形を起こしてしまうので、無理に押し込もうとすると痛い。でも、このワイヤーはフレキシブルだから、弱い力を持続的にかけられるので、無理に押し込む必要がありません。また、昔はワイヤーをセットして1本1本を糸みたいな針で縛ってとめていました。今でも大半の医院ではそうしています。
 でも、この新型ワイヤーを用いてなおかつ、シャッター方式の矯正器具を使用して治療をすれば、痛みも少ないし、治療速度も半減させられるんですよ。しかも、必要なところだけ矯正するから短期で治療が済み、患者様の費用も抑えられるわけです。
 
141105_k1959_g02.jpg
川上 痛みが少なくスピーディー。夢のような矯正治療だと思います。私が思っている以上に、歯科技術は格段に進歩していたんですね。先ほど裏側矯正のお写真を拝見しましたけど、正面から見て矯正しているというのが全くわかりませんでした。そう言えば、部分矯正という手法を早い段階で取り入れた実績もあるとうかがっています。
 
藤田 はい。2006年くらいまで矯正とは全ての歯にするものという考えが定着していましたが、その常識を打ち破りました。実は、医者にとっては、全体を矯正するほうが作業しやすいんです。でも患者様は、歯並びの悪い部分だけを矯正してもらいたいはずですし、しなくてもいい場所まで矯正して余計な費用をかけたくないですよね。だから当院では患者様のご要望にお応えして、部分矯正を始めたわけです。これが実際に使っている矯正器具です。
 
川上 うわー。こんなに小さいんですか?
 
141105_k1959_t001.jpg
藤田 2014年11月現在、世界最小です。これを歯の裏側に付けるだけなので、治療中でも口元を気にせずに生活できます。矯正器具が小さいので発音もしやすいですよ。矯正はメンテナンスが大変なので治療中の方には、超音波クリーニングも行っています。できることは全てして差し上げるのが当院のスタンスです。
 
川上 患者さんの満足を第一に考えていらっしゃることがよくわかります。
 
藤田 治療に1年半ほどかかる方もいるので、負担を少しでも緩和して差し上げたいと思っています。だからこそ医療の進歩に遅れをとることのないよう、弛まず努力しているんです。それがプロとしてのあるべき姿だと考えています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事