B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 東京都出身。大手ゼネコンで監督、設計、営業を経験。環境、省エネ、建設を中心に、“人生の愉しみ、安全・安心、健康、快適”を真心と技術で提供することを掲げ一念発起して創業。総合テクノロジーバンクとして様々な事業を行う中、リサイクル可能な木造健康住宅「樹の城」を開発するなどエコにも注力。中小企業庁より経営革新承認を受け、トレーラーハウスの国産製造も開始。『飲食店開業法:トレーラーハウスという選択』を執筆し、脱サラの起業支援や、トレーラーハウスを活用した様々な事業を行っている。工学博士。社会文化功労賞、国連顕彰を受賞。【ホームページ
 
 
 
アメリカでは一般的なトレーラーハウス。日本ではこれまでキャンプ場などで見かける程度だったが、移動可能という理由から、店舗や用途限定の各施設に使われるケースが増えている。それも、私たちが想像するような質素な造りではないようだ。なみりす製Namilisトレーラーハウスは内外装までオーダーメイドできる機能的なトレーラーハウスを販売。今注目の事業である。
 
 
 

飲食店、美容室、用途様々トレーラーハウス

 
140806_k1847_g01.jpg
インタビュアー 川上麻衣子(女優)
川上 なみりすさんはトレーラーハウスを製造・販売されているとお聞きしました。表に並んだハウスを拝見しましたが、想像していたのよりはるかに大きくて驚きました。
 
南木 もしかすると、キャンピングカーのようなイメージをお持ちでいらっしゃった?
 
川上 はい。4WDの車で牽引できるような簡素なハウスのイメージでした。
 
南木 多くの方はトレーラーハウス=キャンピングカーのイメージですが、本来は大きさも様々。海外の輸入品は多数出回ってますが、私は国産でトレーラーハウスを製造するにあたり、用途別に様々な可能性を創造し、認知を広めてきています。
 
川上 そうだったんですね。でも、表のものはとても車で引っ張れそうにないですが・・・。
 
南木 いえ、全て車で牽引し、移動できます。この事務所も自分で牽引してきました。牽引免許が必要ですが、重量が750kg以下のものは普通免許と乗用車で引っ張れます。長さ11mクラスの大きなものはあまり移動させず、通常の住居や店舗としてラーメン店やカフェ、美容室などに使います。
 
川上 ということは、私もトレーラーハウスオーナーになって大丈夫かも。
 
南木 もちろんです。移動はご依頼いただければ当社や運送会社でもいたしますよ。小さいものは乗用車でご自分で運び、クレープ屋など、テイクアウトのお店にも使えます。テーブル席だって設けられますよ。
 
140806_k1847_t01-2.jpg
対談が行われたフードパーク守谷前にて
140806_k1847_ex12.jpg
パークにはトレーラーハウスの店舗利用例が多数
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事