B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

業界のイメージを覆す
高品質の解体工事

 

近隣住民にも配慮した解体を行う

 
140806_k1868_g02.jpg
本田 なるほど、たとえ次期社長のポストが約束されていようと、二代目はあくまで二代目。自分が創業者として会社を動かすのとではやりがいの点で大きく異なるでしょうね。
 
村上 はい。ただ、最初に独立目標と定めていた20代半ばに差しかかると、「自分は勘違いしているのではないか」と思うようになりました。人間誰しも自信を持つと、自分だけが優れているような気になりますが、実際のところ会社員は会社の看板や信頼で仕事をいただけるもの。私はそれを、自分の力で得ているものだと過信していることに気付きました。ですから、独立はしばらく延期して、もう一度自分の仕事を見直すことにしたんです。
 
本田 若いのに自分を客観視してそういうことに気付けるのは素晴らしいですよ。サッカーの世界でも、「自分は他の選手より能力が高い」と思い込んでいる選手は少なくありません。その考え自体は悪くない。でも、サッカーは味方の選手がいてこそ試合に勝てるものです。そういう根本的なことを忘れてしまっている選手は、なかなか上を目指せないんですよ。
 
村上 そうですよね。私も当時は、「会社というのは従業員あってのものだ」ということを、きちんと気付けずにいたんだと思います。
 
本田 村上社長は偉いですよ。勘違いをしているサッカー選手の中には「自分がもっと活躍できる場がある」と考えてチームを移籍してしまう人もいます。しかし、思うような結果が出せずに這い上がれなくなってしまう。「1人では何もできない」ことを知っている選手が移籍するのと、そうでない選手が移籍するのとでは、選手としての未来に大きな差が出ることがよくあります。その点、村上社長はしっかりしていますし、ぼくがイメージする解体業の経営者とは、だいぶ違います。ニッカポッカではなく、キッチリとしたスーツに身を固めていて、できるビジネスマンという感じですよね(笑)。
 
村上 確かに世間一般の皆さんが思い描くこの業界で働く人のイメージって、「コワモテな人たち」という感じなのかもしれません。だから、そのイメージを変えていくことも、私の仕事の一つだと思っています。情報化社会が進み、インターネットなどを利用すれば、お客様は我々に仕事を依頼する前にいくらでも予備知識を得ることができるようになっています。だから、業者の仕事ぶりに対してチェックの目が厳しくなっていると思うんです。
 
140806_k1868_ex01.jpg
腕のいい職人が周辺環境にも配慮しつつ、丁寧に作業を行う
本田 確かに、問い合わせをするよりも先に、ネットで何でも調べられる世の中ですからね。
 
村上 ええ。だからこそ、会社として誠実に、きちんと仕事をする必要があるし、そうした会社だということを皆さんにアピールする必要もあると思うんです。ただでさえ解体工事には埃や振動・騒音がつきもの。ご近所に迷惑がかからないよう細心の注意を払う必要がありますからね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事