B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

お客様への総合提案
がん保険の伝道師

 
 
140709_k1797_g02.jpg
三浦 そうして提案された商品から消費者が保険を選ぶ際に、どんな点を意識すべきか、専門家からアドバイスをするとしたらどのようになりますか。
 
菊池(弘) 担当の営業マンが信頼できる人間かどうかを見ていただきたいです。保険の内容を比べると本当に多彩で迷ってしまいますが、最終的に重要なのは「人」なんです。営業マンがどんな思いでその保険をお勧めしているか、どれだけ信頼できる人間か。そこを見極めることが大切だと思います。
 
 

「運命共同体」として顧客第一主義を貫く

 
菊池(弘) 私たち保険営業の仕事は、お客様に安心をお届けすることがミッションです。当社とお客様は「運命共同体」なので、私たちはお客様のおっしゃる通りに商品を販売することはありません。相手の立場になり、そのうえでプロとして最善のご提案をさせていただくので、場合によっては、申し訳ありませんがお客様のご要望と異なるプランをご案内させていただくこともあるんですよ。
 
三浦 いや、いいですよ。そのほうが信頼できますよ!
 
140709_k1797_d02.jpg
長男で営業統括部長の菊池弘毅氏
菊池(一) 保険をご購入いただくということは、お客様が入院したり手術をしたり、万が一のことがあった時に、当社がお世話させていただく“義務を負う”ということです。もし、担当の営業マンが退社していても、会社だけは何がなんでも維持して、お客様に付き添っていかなければなりません。後継者をしっかり育ててこの会社を続けることも、保険代理店として重要な社会的責任だと考えています。
 
三浦 そんな菊池社長の熱い思いを引き継ぐために、弘毅さんも頑張っていらっしゃるんですね。インキューブさんでは、お客様への誠実な姿勢を徹底するため、社として心がけていらっしゃることはありますか?
 
菊池(一) そうですね。当社は今、三つの事業所を設けていますが、事業所ごとに風土が異なると、社としてのまとまりが欠けてしまいます。どの拠点でも同じルールで、同じ品質の仕事ができるようマニュアルを整備し、「顧客第一主義」という当社の哲学を社員一丸で貫くことを大切にしています。
 
三浦 そのお考え、素晴らしいですね。ぼくが横浜フリューゲルスでキャプテンをしていた頃のことを思い出します。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事