B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 埼玉県出身。勤めていた会社が立ち上げた飲食業に参加したことを機に業界に入る。直接人と向き合う飲食業の魅力に気付き、焼肉店やフグ料理店などに勤務しノウハウを学んだ。「お弁当のDREAM LUNCH」を設立後は、安さとおいしさを売りに、多くの顧客を獲得。値段以上のボリューム、顧客の意見を取り入れた豊富なメニューで注目を集めている。メディア出演実績はフジテレビ『スーパーニュース』、TBS『NEWS23』『朝ズバッ!』『Nスタ』、日本テレビ『スッキリ!!』『ヒルナンデス!』など。【ホームページ
 
 
 
元気に働きたい人にとって、昼食は大切な活力補給。しかし、毎日外食となると費用もかさむ・・・。財布と相談しながら昼食代をやりくりする人も多いのではないだろうか。「お弁当のDREAM LUNCH」は、そんな人たちの救世主だ。味・ボリューム・安さのどれをとっても一流のお弁当を提供する。大手企業や工事・イベント現場など、多方面から支持されているのは素材にもこだわっている証。まさに夢のお弁当と言える。
 
 
 

難しい注文もチームワークと集中力でクリア

 
140326_k1651_g01.jpg
インタビュアー 三浦淳寛(サッカー元日本代表)
三浦 「お弁当のDREAM LUNCH」さんは、手づくり弁当の販売をされていますね。ぼくはテレビ番組やスタジアムでの解説の仕事で、仕出し弁当をよく食べるので、お弁当にはなじみ深いんですよ。
 
児玉 テレビ局さんとのお付き合いも多く、実は三浦さんの出演される番組にも届けさせていただいていますよ。
 
三浦 それは奇遇だな! ますます話をうかがうのが楽しみです。ちなみに、他にはどんなお客さんとの取り引きがあるんですか?
 
児玉 大手企業から工事現場、会議やイベントの現場など様々ですね。皆さんがよくご存じの箱根駅伝も、区間ごとにお届けしましたよ。時には1000個以上の注文をいただきます。社員は2014年3月現在3名なので、そんな時は嬉しい悲鳴を上げています(笑)。もちろん、届ける時間は厳守しますよ。
 
三浦 一人で300個以上の割合ですか! しかも手づくりなのに、きちんと配達時間に間に合わせられる秘訣って、何なんでしょう。
 
児玉 ずばりコンビネーションです。サッカーと同じですね。ラスト10分になると、集中力が格段に増す。そんなところもサッカーに似ていると思います(笑)。
 
三浦 確かに試合終了が近づくと緊張感が増して、かえって冷静になれる感じですね。あの緊張感、ぼくは嫌いじゃなかったな(笑)。
 
児玉 私もむしろ楽しいと感じるタイプですね。極限まで追い詰められた状況の中でこそ人は成長できると思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事