B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
140205_k1558_g01.jpg
インタビュアー 三浦淳寛(サッカー元日本代表)
三浦 バブルスターさんの独自製法の業務用ゼリーが好評を博しているそうですね。どんなゼリーなのか気になります。
 
須藤 当社が製造しているのはゼリー全般と機能性食品で、社名にもなっている「バブルスター」という☆と♥の形をしたコラーゲンたっぷりの冷凍ゼリーが主力商品です。バブルスターの特長は何より、既存商品とのコラボレーションを念頭に開発し、作り手のアイディア一つで様々な価値を創出できること。味のアクセントはもちろん、食を楽しむにはまずは視覚が重要で、その次が触覚。冷凍ゼリーにすることによってシャリシャリからプルプルヘ「時間とともに変わる食感」を実現しています。
 
三浦 時間と共に食感が変わるのはおもしろいですね。☆と♥の形で色とりどり。見た目が可愛いから女性や子供が喜びそうだ。
 
140205_k1558_ex01.jpg
ドリンクに入れると色彩鮮やかで見た目も楽しめる
140205_k1558_ex02.jpg
トッピングは自由自在。そのまま食べても、もちろんおいしい!
須藤 ありがとうございます。実は、アルコールが入っているものとそうでないものを、味と色ごとに用意しているんですよ。ですから、そのまま食べてもいいですし、カクテルなどのドリンクに入れたり、デザートに添えたりと多彩な食べ方ができるのも売りの一つですね。食材にエンターテイメントを加えられる商品なので、若者が集まるイベントやテーマパークなどでご採用いただいております。
 
三浦 なるほど、オシャレなバーのドリンクなどにも合いそうで、人気があるのもわかりますよ! それにしても、なぜゼリー製造を手がけようと思ったんですか?
 
須藤 私は以前、飲食業界で働いていた経験がありまして。その時にコーヒーゼリーを扱っていたんです。もともとゼリーは好きでしたが、仕事として接するうちに製造工程などを知り、さらに興味を持つようになって。固体でもないし液体でもない。ゼリーってプリンとよく比較されますが、プリンにない「奥ゆかしさ」とでもいうべき魅力があると思うんですよ。だから、ぜひそれを広めたいと思い、起業をしました。
 
三浦 ゼリーの奥ゆかしさを広めたいというのは、ユニークだなぁ。それで、ご自身でゼリーの製造を手がけようと思われたわけですか。
 
須藤 はい。調べてみると、ゼリーを専門的に製造している会社はほとんどなく、ビジネスチャンスがあると思いました。最初は車での移動販売を考えていましたが、たくさんの店舗に流通させられればそれだけ多くの人に食べてもらえるだろうと、メーカーとして創業することにしたんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事