B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

丁寧かつ妥協なき
造園・外構のプロ

 

働きやすい環境を整備

 
130205_k1495_g03.jpg
吉井 職人の世界は先輩や親方から技術を「盗む」ものというイメージがありますが、御社はどういう教育をされているのか、気になります。
 
堀切 「技術は盗む」という教育は難しいですね。創業当初はそうしたことに気付けなくて、将来性のある人材を手放してしまった経験もありました。だから、「自分が育ててもらった時と同じことをしていたら、今の若者は育たない」と考えるようになりまして。それで当社では、植木なら植木、外構なら外構と、それぞれの部署で上の立場にいるスタッフが受け皿になって、具体的な教育をしています。
 
吉井 新人さんも安心ですね。既存スタッフさんたちには、どんなアプローチをしていますか。
 
堀切 職人ごとに特徴がありますから、適材適所で仕事を任せていますよ。私とスタッフの橋渡し役になってくれる人材が部署ごとにいますので、彼らを通じてスタッフが抱えている問題などをヒアリングし、こちらができることはフォローするようにしていますね。いずれにしても、全体を見渡すように心がけ、みんなで助け合って仕事をする雰囲気づくりに努めています。
 
吉井 御社のホームページやブログを拝見しましたけど、写真も多く内容が充実していますし、初めて見るお客様にもわかりやすくつくられているなって思いました。それに、御社に就職したいと考えている人にも、会社の雰囲気が伝わると思います。特にブログを見ると、皆さん仲良く仕事をなさっているように感じました。みんなが気持ちよく働ける環境づくりというのは大事ですよね。
 
130205_k1495_d01.jpg
堀切 ただ、労働環境でいうと、この業界はまだまだ未整備な部分が多いです。私が前に働いた会社は福利厚生の面がだいぶ遅れていましたし。当社のスタッフも、将来を保障してくれる制度があるほうが安心でしょうから、公的な保障を整備し、安心して働いてもらえる環境を整えています。
 
吉井 求職者の方も安心して応募できますね。堀切社長はどのような方に働いていただきたいですか。
 
堀切 自分で物事を考えられる人ですね。お客様の要望に応えつつ作業をスピーディに完了するには、一人ひとりが受け持った仕事を効率的に進める必要があります。だから、「どうすれば仕事を効率化できるか」を考えて工夫できる方がいいですね。それができれば、無駄に残業をする必要もなくなりますし。もちろん、チームで動く仕事ですから、自分本位で動けないこともあります。それでも、前向きに取り組める方が望ましいです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事